フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 金ない・・・ | トップページ | なんと…!! »

高速戦闘における兵法の活用

操作も慣れてきたボーダーブレイク。

全体的に戦闘に余裕が出来てきて、兵法の活用も視野に入れられるようになってきた。

まあ、今日はいらっとしてたので、強襲兵装を主に使ったりww

では、さっそく戦況報告開始しますね~!

・機体状態および兵装状態

頭部:シュライク

胴体:シュライク

腕部:シュライク2

脚部:シュライク

主な兵装:強襲兵装

武装:ヴォルペ突撃銃

   :38型手榴弾

   :マーシャルソード

   :アサルトチャージャー

ようやく、シュライク機体が作れた。装甲はやはり紙だけど、その分、スピードが高くなったので、立ち状態の相手の弾丸をかなり避けられるようになった。

武装面は、主に強襲型を使用。支援機が出せない状況や高速戦闘における兵法を活用したい時に動かす為、練習を兼ねて戦闘に参加。

ヴォルベ突撃銃、マーシャルソードを購入して、いざ、戦闘開始。

・戦闘考察

今さらだが、敵の裏を突くことは大切だということに気付いた。

すなわち、ベースを叩く。

前にベースばかりを叩くのは…、と記述したが、ランクが上がれば上がるほど、また、ベースに迫れば迫るほど火線が強烈になっていくことが分かってきた。つまりこれは、敵・味方がベースに目を向けることが少なくなり、また対ランナー戦を意識した戦闘を行っていくようになってきたということである。

なので、各プラントの攻防戦を行っている最中は、一方的にベースへの攻撃が可能になる状況も珍しくなくなってきたのである。これを利用しない手はない。

基本的には、リフト移動→カタパルト移動→敵ベースへの侵攻という流れになる。ポイントはカタパルトを乗り継いで、前線に移動すること。ブーストを利用した移動では、敵機の配置により形成されたラインに阻まれる。隙を見て、カタパルトで移動していくことが大切。

カタパルトでベース前に移動した後は、以下のような行動が考えられる。

1.敵ベースへの攻撃

2.砲台およびレーダーの破壊

3.プラントの占拠

敵ベースへの攻撃は、細い通路を利用していきたい。囲まれた状態で敵機からの攻撃を受けることが少なくなり、高い体力を残しておくことができるはず。ただし、支援機のマインに要注意。

砲台およびレーダーの破壊は、余裕があれば。周知の事実ではあるが、特に砲台は長期的な敵コアへの攻撃には邪魔なものである。出来れば破壊しておきたい。ただし、強襲型や支援型では、攻撃不足により、敵ベースへの攻撃に遅れが生じる場合が考えられる。砲台の破壊は、重火力型、および狙撃型が担当し、強襲型はアサルトチャージャー、支援型はリペアを利用しながら砲台の攻撃を掻い潜り、ベース攻撃に専念した方がいいかもしれない。

敵ベース側のプラントの占拠は時間が許す限り行っておくといい。エリア移動→ベース防衛→エリア移動→敵ベースへの侵攻と、流動的な防御と攻めの展開を促すことができる。

ちなみに、敵の裏をかく突入兵法は、その作戦の性質から、基本的に単騎突入になりがち。突入の際は、敵ベースをタッチし、味方へのチャットを行い攻撃を仕掛けることをアピールしておくと。全体的に味方がその作戦を意識するようになり、士気向上、および作戦の質自体の向上につながる。

・兵法考察(by:強襲型)

気分を変えて支援型ではなく、強襲型についてのレビューをしていきたい。

皆さん使っての通り、強襲型は接近戦が得意分野。その半面、味方・敵問わず射撃の的になりやすく、常に大破の危険と隣り合わせである。

もちろん、多くの人は強襲型=巨大な剣というイメージが定着していると思う。確かに、その一撃には目を見張るものがあり、これらが使いこなせれば、大きく戦況を動かすこともできる。

しかし、斬撃攻撃を正面切って放っても、後退ブーストで逃げられたり、重火力型のサワードロケットの的になったりと効率は悪い。囮としての機能は大きく果たせるが、出来れば生存率を上げた上で大きな一撃が繰り出せることが望ましいのではないだろうか。

その為には、敵への正確な距離を測り、敵の数・位置を知り、尚且つ高い回避技術と格闘センスが要求される。

特にアサルトチャージャーの活用が重要。強行突入、敵火線の回避などはもちろんのこと、急接近してからの斬撃は有効かつ爽快の一言に尽きる。出来る限り、重火力型や止まっている敵機体に対して仕掛けていくと命中率倍増。

また、『戦陣の風』所属メンバーのSoulオブ鋼さんによれば、『恐れない』ことが重要要素らしい。とにかく突っ込む。相手に食らいつくことが大切ともww

次回からは銃撃戦、および手榴弾についての研究を行っていこうと思う。

・戦闘記録

今日は、『C2』まで昇格。

とにかく最近、支援機を良く見かける。だけど、あんまりポイント高くない…

そういえば、ガチガチに防御固めた支援機見かけたww

あれが、所謂ガチムチって奴ね( ´艸`)プププ

でも、硬いだけで、やっぱり動きはかなり遅い気がする。ランナーやベースに近づかれたら面倒だけど、遅いことを利用すれば、なんとかやり過ごせる気が…。

よっぽど戦闘能力高くないと無理っぽいけどww

とりあえず、強襲型を使い続けて、そいつらを倒せるように頑張りますね(*^ω^*)ノ彡

« 金ない・・・ | トップページ | なんと…!! »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/31451063

この記事へのトラックバック一覧です: 高速戦闘における兵法の活用:

« 金ない・・・ | トップページ | なんと…!! »