フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« ┐( ̄ヘ ̄)┌ | トップページ | くま~ww…だった。 »

最高の防御陣形を目指し

とりあえず、Bランクにも慣れてきた~ww

なので、ジリジリとポイントがたまるようになってきたww

ただ、サーバー切れのポイント減少値が半端ない…。

あれはどうにかならないのかなぁ…。

そんなこんなで報告開始です!!

・機体状態および兵装状態

頭部:シュライク2

胴体:シュライク

腕部:シュライク2

脚部:シュライク

主な兵装:狙撃兵装

武装:38式狙撃銃・改

   :ジャンプマイン

   :セントリーガンSMG

   :シールド発生装置

奇跡がおきた。集積体が1つだけ手に入ったww

ひゃっほ~~~~い!!と叫びながら、さっそくワンコイン投入して頭部を購入。

気がついたら、シュライクⅤ型の腕も買えるようになっていたww

が、Ⅴ型の為に素材は残す!!

武装は今日も狙撃型。遠雷が欲しいなあ…。

・戦闘考察

本日、9月28日より、戦闘エリアが旧ブロア市街地に以降。

そのため、様々な点で戦闘しやすくもなったし、しづらくなったことだろうと思う。

このマップにおける各兵装の戦闘レビューを私なりにまとめてみたい。

強襲型について:

建物が多くならび、入り組んだ地形が多い市街地。

出会いがしらの戦闘も多く、重火力型の榴弾砲も相まって、戦闘しづらい環境になってきたように感じた。

特に、河を挟んでの戦闘は足を止めることが多く、その間にスナイパーに撃たれたり、消耗戦で負けたりとあまり活躍できる環境が少ない。

しかし、相変わらずの移動能力は健在で、軽装型の強襲兵装はベース強襲に大きく貢献出来る。また、入り組んだ地形のおかげで、手榴弾の投げ込みがかなり強い。特に敵Cプラントに対して投げ込むと、大量破壊を狙える。

また、ガン・ターレットの出現により、低い射撃力を補うことが出来るようになった。射撃戦に膠着状態が生まれたら、ぜひ使用していきたい。

重火力型について:

特に榴弾砲が最強。

渓谷のような屋根も無く、多くの建物に囲まれているため、まず逃げ道がない。たとえ敵に逃げられたとしても、サワードのような爆風系、もしくはECMグレネードでプレッシャーを掛け、榴弾砲の装填時間を稼ぐ。

重火力型が何機も設定されている大隊は防衛能力がかなり高く、侵攻が出来ない。強襲型や支援型には驚異的な部隊となることだろう。

しかし、その武装重量から、相当、侵攻ラインが遅い。巻き返しの場面では、「もう遅かった」という状況がかなり痛い。

また、足が極端に遅かったり、精密射撃のためにしゃがんでいたりすると、狙撃の良い的になりかねない。これがこのマップにおける重火力型の最大の課題で、隠れていながら榴弾砲を放っても、高い位置から打ち込まれ、最悪、大破の状況に。いかに相手の位置取りを確認するかが大きなポイントになるだろう。

ちなみに、大火力が設定されている重火力型が、ガン・ターレットに乗っていてもあまり意味がない。強襲型や支援型に譲ってあげたほうがいい。

支援型について:

今回、武装の特性上、一番取り扱いが難しい兵装ではないだろうか。

罠を張っても榴弾砲で破壊され、ショットガンは対岸戦では火力不足。現行で流行っている重装甲の支援型では、その遅さで単一での作戦展開は難しく、狙撃されやすい。

しかし、支援型には大きな仕事が1つだけ残されている。

それは、偵察機。この偵察機の使い道が戦場の質に大きく左右していくことになる。

例えば、敵の生活な位置を把握し、スナイパーに情報を送る。または、敵型のスナイパーを探しだす。また、重火力型の榴弾砲をもっと正確化したり、敵の侵攻ルートを割り出したり。建物の陰で敵が確認出来ない以上、レーダーは重要な役割を果たす。

さらに、リペア装置は戦線維持には欠かせないものの1つで、絶え間ない火線を生み出すには重要不可欠である。マップの性質上から、安全に回復させられるのも、吉。

狙撃型について:

おそらく、このマップのアンチ兵装。

旧ブロア市街地は高台が多くあり、基本的に相手を見下ろすことができる。さらに町の中央に流れる河は相手の動きを止め、自然に射撃戦を展開させる効果を持ち合わせる。

故に、必然的に頭部が狙える機会が多く増える。そのため、ヘッドショットを確実に行っていければ、最高峰の直接支援を行うことができるようになる。

また、入り組んだマップにおけるセントリーガンは、最高の囮。最前線に飛んで、激戦区に投げ込むことができれば、大きなアドバンテージを稼ぐことができる。

ただし、当然ながら、狙撃が使いやすいのであれば、相手も使うに決まっている。対スナイパー戦は必然と起こる事象であり、『眼下の敵を狙いつつも、相手のスナイパーに対して気を使う』ことが重要。特に、対スナイパー戦では、ヘッドショットが早い方の勝ちが決まると言っても過言ではなく、高い狙撃の腕前と広い視野が大変必要である。

また、入り組んだ地形の特性上、何秒間も同じ敵を追い回すことは得策ではないし、位置取りが最悪の場合、全く役に立たなくなる可能性もある。

敵のベース攻撃や味方のベース防衛も、ほとんどこなすことができないことも覚えておきたい。

・兵法考察(by:狙撃型)

狙撃の基本は、敵の届かない位置取りを行うこと、射点を常に変えること、同じ敵を狙い続けないことである。

しかし、それらを駆使しても、安定した射撃を行うことができなかったり、敵が接近してきたりとよくあることではないだろうか。

その時のためにこそ、狙撃型には各種トラップ装備が施されていると言っても過言ではない。通常、これらトラップは、自身の射撃場への敵の侵攻ルートに設置するのが基本とされており、特にセントリーガンを自身の近くに配置しておくことは、セオリーの1つと公式マニュアルにも参照されており、有効とされている。

だが、自身の近くに配置していても結局は無駄になる状況が多いように感じる。

例えば、旧ブロア市街地では、単騎に近いメンバー構成で狙撃場所を確保する。そのような場所に、すぐに救援が駆けつけられるのかと考えたら、全くと言っていいほどない。このような場合、逃げや自身の防御のための罠は効率が悪く、罠という特性を有効活用できていないと言えるのではないだろうか。

そのため、各種トラップ類は、最前線や大部隊が侵攻するルート、裏道などに敷いておくと全体的な防御能力が向上すると考えられる。

具体的には、味方の攻撃支援になるセントリーガンは最前線や主要ルートに。ジャンプマインは、裏道や各施設の防衛に使用。特に二つとも戦場に爆弾を投げ込むつもりで、斜めの角度から投げ入れると、安全に相手の目の前に設置できる。

ジャンプマインは、1つ、2つ残しておくのがポイント。これは、相手に近寄られた時の防御策として、また、プラント防衛の時間稼ぎに使用するためである。

最前線の防御を固めるならば、シールドも重要。これも、投げ入れたり設置したりすることで、味方の支援を行うことができる。

シールドは、自分の位置を知らせてしまうスナイパーにとっては諸刃の剣。あまり自分の前に置いて狙撃していると、見つかった時や、シールド残量が無くなった時が相当怖いので無しで狙撃をすることが重要。

ただし、これを利用して、シールドをわざと展開し、囮に使う。放置したシールドを狙った敵の射点をしっかりと見極めたのち、狙撃でキッチリと返すと有効。

まだまだトラップ研究は尽きない。今後もしっかりと考察していきたい。

・戦闘記録

今もまだ、『B5』~。(A;´・ω・)アセアセ

ようやく環境なれして、ポイント半分まで貯めることに成功。

しかも、ほとんど狙撃しかしてない。

まあ、絶対に強襲の方がポイントが集まりやすいのは分かってるんだけどね。

ちょっと使ってみたら結構なランクを維持できたしww

でも、

狙撃が好きなんです!!

これからも狙撃を使い続けると誓う私ですたww

« ┐( ̄ヘ ̄)┌ | トップページ | くま~ww…だった。 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/31555096

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の防御陣形を目指し:

« ┐( ̄ヘ ̄)┌ | トップページ | くま~ww…だった。 »