フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

この数カ月を振り返って

色んなことがありましたね~。

このブログを立ちあげ、ボーダーブレイクを初めて、色々ありました。

・初期のころ

初めは支援でいこうと思っていた私。プレイヤースキル云々は抜きとして、個人的には前線でバリバリやるよりも、それを支える戦闘をする方が好きですしね。

しかし、支援にいきなり限界点が…。

「敵が引き籠ったらどうする?」

という地点に至った私。引き籠る敵に対して、支援ではどうにも…、という現状が当時にはありましたね。

というわけで、

「攻撃力に秀でて、工作出来る兵装」

を求めたわけです。その答えが、

「狙撃兵装」

だったわけです。やはり、スカービーでの経験が今の私に大きな影響を与えていると言えますね~。

・中期のころ

AC慣性が消え、強襲の価値を問いなおす作業をするとともに、とにかく悪戦苦闘していましたね。この時期は、様々なことで限界を感じ始めていました。

特に狙撃については、厳しいと思いましたね。

「狙っても当たらない」

のは当たり前で、

「当たらないのでポイント取れない」

ので更に焦り、

「命中率が伸び悩まない」

とスパイラル状に落ちていく私。当てることに関しては、

「とにかく、やり続けるしかない」

と思う反面で、

「自身が勝ちに貢献するには?」

と模索し始めたのもこの時期。落ちに落ち切ったポイントを気にするのを止めたおかげで、上昇し始める勝ち数。

「結局のところ、結果は最後に帰ってくると信じて勝利を目指すしかない」

このことが分かった重要な時期だったようにも思いますね。

・後期のころ

遠来を手に入れた後は、実戦がてらHSの練習を始めました。

芋砂と呼ばれ、ウィーゼルで叩かれた時期もいい思い出ww

おかげで、HSの成功率は徐々に伸び始め、コツがつかめるようになってきました。

それと同時に、強襲兵装の見直しも行うようになり、

「強襲=スネーク」

の形が私の中で落ち着いてくるきっかけにもなりました。

ヴォルペFAMにもっともこだわった時期でもあります。

第三採掘島で一気にランクを急落させたのも…、今になっては…、いい…、思い出…?

・そして現在

一度は昇ったものの、またランクが急落…。

しかし、今度の急落は、色んな意味がありましたね。下位ランクでは、自分の存在感を示せても、昇格すると、どうしてもそれを示せてない自分がいる…。

自分に自信が持てなくなったのだと思います。ポイントがグングン下がり、何時かのようなスパイラルにハマる。

「またか…」

という、ネガティブな感情に浸ると共に、

「自分のイメージの描けない自分がいる」

そんな、もどかしさに焦りを覚えてしまう時があり、

「落ちるべくして」

落ちてしまったように思いますね。

今は、それに気がつき、なんとかネガティブから脱したように思います。

それも、皆さんの声援があったおかげであると思いますね。日々、このブログに訪れてくださる皆さんに感謝。

今は、

「動ける自動砲台」

として日々鍛錬中です。やはり狙撃機は、

「位置を変えてなんぼ」

というイメージが強くなってきましたし、なにより狙撃銃の選択を意識したり、レティクル移動など様々なスキルを習得できるようになったため、

「戦場での自分の立ち位置の幅」

が増えたように思います。それと同時に、

「HSの成功率を上げる」

ことを少しでも怠らないように意識して訓練出来るようになりましたね。

さらに、他兵装についても色々考えるようになり、今では、強襲や支援を使いながら、

「マルチブルに活躍できる狙撃兵」

を目指したいと考えるようになりました。それもこれも、

「余裕」

が生まれて来たからだと思いますね。このチャンスを生かし、

「次にステップアップできるよう」

日々精進していきたいですww

・最後に…

当ブログを立ち上げてから、脚を運んで下さった皆様、本当にありがとうございました。m(_ _)m

おかげ様で、この更新の勢いを保ったまま、年越しを迎えることができそうです。

これからも末長く、このブログと私をヨロシクお願いします。

それでは、よいお年を~wwww

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

光学迷彩の行方

昨日から情報を集めてます。

とりあえず現時点のまとめをww

・二種類の可能性

光学迷彩には二つの形が考えられます。

ステルス壁による光学迷彩

スキンによる光学迷彩

以上の二種類です。

前者はシールドの代替要素として、ステルス(迷彩)の壁を設置するタイプ。

後者は前進が消え、自由に移動できるタイプ。

「撃ったら姿が少し見える」や「試作型が搭載される」など、今までの情報を統合すると、

可能性が高いのは前者である

といえます。「アドバタイズムービーの映像から」という情報が多いのが理由と、後者であると「悪い意味」で戦場に様々な影響が出てしまうことが予想出来るからです。

個人的には後者の方が良かったのではありますが…。

・設置型とすると…

対スナイパーへの位置づけが強くなったように思われます。その他の兵装からも狙われずらくなり、

「あり得ない距離からの中距離狙撃」

も出来るようになります。

例えば、姿が消え、敵に見つかる心配がなければ、遮蔽物をまる無視した場所(ブロアなら教会の上や屋根の上などの今まででは考えられなかった狙撃場所)から狙撃することも可能になります。

また、より罠の秘匿性を高めることができるようになり、

「敵侵攻ライン上にジャンプマインを敷き詰めて、ステルス壁で隠す」

といった面白い工作も出来るように…ww

シールドを殆ど使っていなかったスナイパーには、朗報と言えそうです。

・もしスキン型だったら…?

それはそれでカオスと化していたような…。

まず、

「敵陣への単独侵攻が可能」

になります。そのため、

「敵陣の破壊工作」

や、

「敵陣へのジャンプマイン散布」

などあらゆる工作を施すことが可能に…。

また、「消えている」という視覚効果を利用して、敵陣をかき回したり、敵陣の高台からブラストへと撃ちこんだり、

「それこそ無茶苦茶な」

戦闘光景が見られることでしょうww

それはそれで楽しそうだとお(ry

緊急速報!!

どうやら、狙撃兵装に新しいカテゴリー追加の噂が…ww

あの光学迷彩がっ…?

情報既出かもしれませんがとりあえず、速報でww

情報検索、かけてまたお知らせします。

あと、一言だけ。

セガさん、もちろん、使用中の被ダメージは三倍ですよね?てか、三倍で頼みますwwww

重火力、ヤッパリコワイ…ww

旧ブロアに戻って、皆さま、どのようにお過ごしでしょうか?

年末最後(かな?)ということもあって、とりあえず行ってきました。

流石、(新)旧ブロア市街地。歯ごたえのある試合が生まれましたよ~ww

・ナイチンゲールさんと…

本日は、ツンツン支援ランナー:クレアさんこと、

「ナイチンゲールさん」

と同店内マッチングしましたよww

稼働初期から一緒にプレイしてはいたのですが、何時も、プレイ店舗が違うのでマッチング自体は初めてでした。

ナイチンゲールさんの

「さあ、起きろ!!」

という、ツンツン支援が、しかも戦いの中で見られることもあって、ちょっとドキドキ…。

勿論、マッチング成功。2人とも敵に分かれて、いざ開戦。

ごぉぉぉぉぉぉぉ!!

あれ?ナイチンゲールさん、

剣しょってる?

ナイチンゲールさん「あ、私、B3への昇段試験なんでww」

なに~ww

不覚にも昇段試験でしたか。そうですか、支援は見られませんかww

・強襲は使い慣れてないとか嘘を言う

ナイチンゲールさんは基本的に、

「重火力・支援兵装中心」

のガチガチヘヴィプレイヤーです。

特に最前線で戦うことが信条らしく、何時も頭上から敵の目の前に落ちは弾丸を撃ち込んでいますww

なので強襲は慣れていないらしい…、のですが、

私を確認してから、剣を構え、その硬さを生かして切り裂いてくれました。

「嘘~!?ww」

と思いましたね。まるで、ガチムチ強襲のお手本のような動きww

その後の、頭上からの私の強襲にも、反応してマシンガンを撃ちこんできました。その時は流石にいきなりの強襲ともあって、撃破できたのですが、

後から聞くと、頭部はヘヴィⅢ型だそうです。

索敵率の悪いヘヴィⅢ型で良く反応出来たなぁ…、と感心しました。

「出会い頭の戦闘が多いですしね~」

と、笑いながら語るナイチンゲールさん。

重火力兵装派なのに、どんだけ敵に近い位置で戦ってるんだ…?

と思い、ガチムチ重火力の恐ろしさを再認識した瞬間でした。

また、同時に、様々な兵装の要素が、

「別の兵装へのスキルへと直結しているのでは?」

と思えましたね。最終的には、

「色んな兵装を使いこなすスキル」

を目指していきたいと思いました。

・B3~~~ww

ようやくまた一歩、戻ってきました。

今は、とにかくゆっくり前進していくだけですね。

個人的希望〜♪

皆さん、年末は、どのように過ごされるのでしょうか…?
とりあえず、私はゴロゴロしていますが、「これだけは!」というものがありますね………WW

・私の場合…
とりあえず、ボーダーブレイクには、あと一回は行きたいですね〜
自分らしいプレイとか、ポイントを稼ぐとかではなく、最後に「楽しみたい」と思ってます!

あとは、いい加減に小説を進めたいですね…
ちょっとずつは、書いているのですが、まだブログに上げられる段階じゃない…
年内には、一度上げたいと思ってますWW

忙しい年末

今年は、なんだか忙しい年末になりそうです。

就職活動から、BBの内容まで、色んな意味で動きますね~ww

・就職活動は…

はい、落ちました~ww

一回目ですし、落ちるのは当然~。

ネガティブに考えず、前向きに行きますよ~。

・戦場移行~ww

BBは、頻繁に戦場移行を行う方針のようですね。

どうも急激に戦場を変えて、

「年越しまでもたす作戦」

でしょうか。年末までは新しい武器を実装せず、

「回転率で勝負?」

が予測されますね。そうなると、

「色んな意味で混乱」

が起こるような…^^;

・それはある意味よかった…、のか?

どうにも調子が上がらない採掘島。

とりあえず、戦場移行してくれるということで、心機一転で頑張れるか、と思う反面、

「裏目に出たら…」

とネガティブに考えてしまう私。

「その時は、その時だし」

とも思うので、とりあえず、がむしゃらに頑張りたいとは思います。

RUSSIAN ROULETTE

アーティスト:布袋寅泰

RUSSIAN ROULETTE

まさしく↑のような状況。

PSP2始めた〜

最近、ファンタシースターポータブル2を始めました。

前々から欲しかったんですが、お金ないし、買えなかったんです…
とりあえず、自分へのクリスマスプレゼントとして購入。

…今年も、画面に向かうクリスマスでしたWW


・レベル
ゲームレベルは、前作と比べ全体的に向上したと思いますね。
敵に歯ごたえが出てきたし、レア武器のドロップ率もあまり高くない感じ。
しかしながら、初期のファンタシースターのシステムを引き継いだ形になっているので、ゲームバランス自体は、

「色んな意味で従来通り」

で、古参からのプレイヤーは、非常に楽しめると思います。旧式武器が使えるのも◎。
また、新要素であるPAやアーマーの切替で自分の個性を出したり、モデル追加で更にそれを追求出来たりと、中々やり込みがいのあるゲームでした。

結構長い間遊べそうですWW

カラオケ〜

今、カラオケ中です〜

そろそろ眠たくなって来ましたが、まだまだ、頑張りますよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

…さあ、始めようか

とりあえず、メリークリスマス!!

…\(;゚∇゚)/

とうとう、B4まで落ちました~ww

もはや、恐れることなんて何もない!!!!

・世界が違う

B4の世界は、

今までいたところと全く違う

と言っても過言ではありませんね。

全体的なゲームスピードが遅いだけでなく、

剣を抜いてポコポコ歩いている人が多い

ように感じます。落ちつてい避けられる余裕もあれば、コア凸する余裕も充分にあるように感じました。

・しかしながら…

すでに色んなものを失ってしまった私…

流石に怖いものはありませんが、

慢心しないように

頑張りたいですね~ww

焦っていたのかも知れない…

今日は少し反省文を書こうかと思います。これも大切な記録の一つですし、

「なにより励みになる」

はず!

一日置いて思うことは、

「やはり自分は焦っていた」

という事実ですね。

・ポイントによる焦り

なんだかんだ言っても、

「ポイントが気になっていた」

というのは否めませんね。下降気味だったことや、上手く貢献出来ていない自分がどうしても見えてしまい、

「冷静さ」

を欠いていたのかも知れません。

・焦った次は…

その後は、自分のことばかり考えていたように思います。ポイントが気になってしまったために、

大局的なものの見方

に欠け、その上、

いつもとは、考えられない武装の選択ミス

が重なり、使い慣れていない重火力を要らぬところで出してしまったりとか、総力戦で強襲単騎特攻を仕掛けてみたりとか…。

・挙句の果てには…

そして、機体アセンブルの変更が始まる…。

機体アセンブルを変更することで、この状況を打開しようと試みる私。射撃特化にしてみたり、辻専用にしてみたり…。

しかし、「焦り」という根底を気付かない私にとって、この変更は、

「心機一転のアセンブル変更」

とは言えず、

「今までのバランスを崩すアセンブル変更」

と、無謀かつ無駄なことをしていたと言えます。

・とにかく…

今は目が覚めた気分です。ポイントに気を回し過ぎて、

「勝つ勝負にこだわる」

ことを忘れていたように思います。ワンマンプレイを続けて、このままいけば、

「自身に引導を渡す」

ようなもの、そのように感じました。そして、同時に、

「楽しむ事」

を忘れていたようにも思いますね。

「自分の楽しみ方=戦略を見出す」

ことを思い出した、今日の一日でした。

厳しくなった…

色んな意味で厳しくなってきました…

・降格…
また降格です…
さすがに厳しい…
最近、自分らしいプレイが出来ないのです…

・焦り…
とにかく、
「納得のいくプレイ」
が出来ないんです…
ミスしてはいけない場所で単純ミスしたり、
「ああ、役に立ってないな…」
と思った瞬間、プレイが雑になったり…
そのため、
「かなりの焦り」
を覚え、結果、
「納得はおろか、ポイントにすら繋がらない…」
という結果に…

・思えば…
以前、降格したのも、採掘島でした。
これは、
「プレイ自重フラグ」!?
とりあえず、ゆっくりまったりやって活きたいですね〜

履歴書…

今日は、履歴書作成につきお休みします…
レビュー、コメントは、明日書きます〜

「新式」

ゔぁぁあああ…

「寒い…。ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー」

そんな寒いなか、皆さまどのようにお過ごしでしょうか…。

・「新式」

最近、

「新式の価値」

が自分的に大きくなってるように思います。

きっかけは、スカービ渓谷での出来事。

どうしても、改や遠来だと、

「接近戦で対抗出来ない」

という事態に悩まされていた私。コア凸の突貫率から考えても、じっくりと狙う時間は殆どなく、

「出会いがしらの迎撃」

が大概。そのため、狙いにこちらから出向くというよりは、

「来る敵、来る敵を撃ち落とす」

方が効率がいいという結論が出始めたわけです。そこで、注目したのが「新式」の存在でした。

AIMスピードから、リロードまで「速さ」のあるこの銃のおかげで、ある程度近づかれても敵へと攻撃出来るようになりました。実際に、コア凸強襲とタイマンに持ち込まれた時も、迎撃することができましたし、これを使い始めてからというものHIT率は格段に上がったと言えます。

しかも、狙撃銃の能力は健在。スコープ倍率は低いですし、攻撃力は低いですが、慣れば、

「HS→トドメ」

と一連の動作で敵を撃破、あるいは大破寸前まで追いやることも。また、一撃、二撃…、と相手に当て続けるだけで、

「プレッシャー」

を相手に与えることも可能。使い方次第では、

「単騎局所防衛」

や、

「敵の前線切り崩し」

を狙えます。特に、狙撃を嫌って、相手が狙撃を出してくるようなら、シメたもの。

狙って撃ちこんでくる他の狙撃銃に対して、「新式」は、動きながら撃ちこむ銃。

「中距離の敵も相手出来て、ある程度HS出来る」

スキルが「新式」で備わっているのであれば、

「止まっている狙撃機を狙うことは容易い」

ことだといえます。また、狙撃のスキルを利用して、

「敵狙撃機から狙われない場所」

を取るにしてもでも、「新式」ならば、

「多少、他兵装の敵が居る場所でも…」

というわずかな選択肢も生まれますしね。

・アスレチック

明日からは採掘島ですね。

あのアスレチックの日々が蘇り、

CとBの攻防戦

が激しく展開され、かと思えば、

引き籠りの敵・味方続出

も辞さない展開が推測されます。

ただ、これだけは喜べると思います。

「さあ、楽しい辻の始まりだッ!!」

BBネットに登録〜WW

BBネットに登録しました〜WW
知られざる自身の詳細プレイデータや、仮想アセンブルなど、様々な機能が搭載されていて、
「面白い、かつ、ために」
なりますよ〜WW
是非是非、皆さんも登録してみて下さいね〜〜〜〜〜〜WW

・というわけで、戦績〜↓
▼バトル結果
バトル数
510回
勝利回数
267回
圧勝回数
4回
撃破数
3038機
行動不能回数
2651回
大破回数
2535回

ヤラレタ回数、オオイ……………(^-^;
とりあえず、勝率50%前後はキープ。
撃破数は…、微妙?

・続けて兵装別データ(重火力・支援除く)

▼強襲兵装
バトル時間
25時間 41分
出撃数
1734回
獲得スコア
16001
使用率
37.33%

▼狙撃兵装
バトル時間
27時間 36分
出撃数
683回
獲得スコア
13040
使用率
40.11%

うん…!?何かがおかしい…???
出撃数は三倍近くも強襲が多く、かつ、ポイントは狙撃と3000pt差…。

明らかに、狙撃の方が稼げてるような…

と言うか、強襲に乗ると死にすぎ…???

スピードに対抗

本日は、久々の

支援兵装

を使用してみました。やはり、前半では、強襲兵装が多いので、

コア凸する敵に一当てする

という名目で使用してみました。

そういえば、バージョン変更されてました。マップに吹き出し表示~。

って、直接的なコミュニケーションは…?

うーん、なんか惜しい…。

あと、携帯サイトオープンしたみたいです。

ちょっと高めですが…。^^;

さっそく登録したいと思います~ww

・ワイスマちゃんより、クイスマちゃん

久々の支援兵装で、クイスマちゃんを装備していたので、それを主軸にバンスカ、バンスカww

リロードの関係は、ツェーブラ39で解消。常に味方と共に行動して、必要に応じて回復とクイスマちゃんと入れ替えながら戦ってみました。

クイスマちゃんは、三連射かつ、中距離からでもダメージが与えられるため、HS狙いならば、

かなりの攻撃力

が見込めますね。使いこなせば厄介な武器だと大きく感じました。

・罠~ww

コア凸激しい…ww

そのため、ベース内に対してライン上に地雷を撒きました。↓のような感じに。

◎・◎・◎ コア ◎・◎・自分

コア凸は、大抵の場合、カタパルトを利用したものが多いので、右側ルートを自分でカバーしつつ、敵の侵攻をクイスマちゃんで排撃。

と同時に、トラップを敷き詰めたコアの左側へと敵を誘います。

コア防衛を単騎でするならば、中々の効率です。もし、味方がいたら…。

ゴメンナサイ…。

・リムペット…

買ってみましたww

それで投げたら…、

ミスって脚に着いちゃった…

うわーーーーーん!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ピッ。

どがぁ~ん!!

・スカービーさようなら…

ブラオドルヒさんから、戦場移行の報告が…。

って、もう???

まだスカービーでいいですよ、セガさん!!!!

・バナーを…

作ってみましたww

ぜひぜひ使ってください。

トップにも掲載しますww

Photo

素晴らしい戦場と素晴らしい日々

スカービーから数日が経過いたしました。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?(。・w・。 )

私は相変わらず狙撃で頑張っております。

にしても、寒い…。

トリガーを握る手も冷たい…ww

・素晴らしい戦場

今回の戦場は、

どの兵装でも最大限の能力を発揮できる

と思いますね。

少人数、かつ、設置物によって、コア凸の難易度が下がったことにより、

本来あるべきゲームのスピード感

が戻ったように思います。そのスピード感を自身の味方にするも、敵のスピードを殺すも自身の動き次第…。

各機は、単純な兵装の選択だけでなく、

「兵装を生かした戦い」

を構築する必要性があると感じました。使いたいから、使うのも結構ですが、

「理由なき選択は…」

と改めて感じました。

そこの狙撃さん、あなたのことですよ。(←私ww)

・では、狙撃は…?

では、狙撃はどうすれば…?

今回の選択では、

「ライン」

が重要な規範だと思います。中央プラント付近で戦うのならば、「新式」、それより後ろで戦うならば、「遠来」や「改」を出すといいかもしれません。

前半は、前線維持か、ベース防衛に従事「改」ならば、工作も出来ます。

後半は、ベース前に引き籠る敵を片っ端からHSして行きます。ここで、狙撃の腕の見せ所。効率よく敵を倒すことができれば、コア凸も楽になるというものです。

中盤では、前半に引き続き、前線維持やベース防衛に従事しつつも、どちらかと言えば、工作を推し進めるのがお勧めww

特にジャンプマインを利用した防衛ラインがかなり重要になるかも知れません。ここで大切なのは、ルートの予測というよりは、

「侵攻ルートに直接置く」

というのが大切かもしれません。今回は、一回のコア凸が、

「勝負の命運を分ける」

と言っても過言ではありません。ベースに近づいても大丈夫にする、というよりは、ベースに近づけさせない方針で設置したほうが効率がいいかも知れません。

ベース行きのカタパルトへ直接配置したり、カタパルトの着地地点へと設置することが挙げられます。最大の攻撃力を見込むよう局所防衛のような形で配置することが望まれると思います。

セントリー先生は、なるべく前線に配置することが大切だと思われます。主な意味合いは、前線ラインの維持や局所防衛、一時的な攻撃手数、逃走経路の確保など。こちらも、局所防衛に近い形の運用法が求められるのではと思います。

どのような戦法を取るにしても、狙撃は、

「即時対応」

が難しい兵装と言えます。

「しっかりした下越しらえ」

をした上で、攻撃や防御に移るスタイルが望ましいと考えられます。

焦らず、急がずww

・釣り

今回は、KIRAさんの釣り方についてご報告を。

狙撃の項目でも出てきましたが、今回は、

「ライン」

が重要だと言えますね。

「ライン」を上げる、「ライン」を下げる、「ライン」を割る、「ライン」を抜ける…etc...

これらが重要視されていることが、ゲームのスピード感を与え、戦略の幅を広げていると言えます。

言い方を変えれば、球投げだけでは、すでに勝てない戦場が構築されていると言え、各機による兵装ポテンシャルの引き出しが期待されていると言えます。

その中でも、敵ベース前プラントを占拠した時の防衛・コア攻撃のことです。KIRAさんによる、強襲の特徴を最大限に生かした、防御と攻撃の両立でした。

状況は敵側のゲージがわずかにリード。ベース前の敵は三機。

この部分はラインの中でも最前線、占拠したてならば、維持するのが大変難しい場所と言えます。占拠されてから、10秒ぐらいが勝負でしょうか。

その勝負時の中で、ベース前プラントを占拠したKIRAさんとお仲間一人。(おそらく、先に突貫された方が居たと思ったのですが)なんと、いきなり、ゴングでお仲間のブラストが後ろに吹き飛びます。

この時点で、防衛は一人。後方では、敵のコア凸をガードする味方の姿が…。救援も見込めないこの状況では、流石に10秒間ともプラントは持たないだろうと予測できました。

とりあえず、KIRAさんは、味方の支援を待つことに。敵の重火力を牽制で退けると、素早く砲台破壊に取りかかる。この場合は、時間数も長く、次につなぐ工作なので、判断はいいと思いました。

素晴らしいのはその次でした。砲台を壊したあと、引き籠るのかと思いきや、おもむろにACを起動。

一気に敵三機の中に滑り込んで行きます…!!

唐突なコア凸に慌てた敵軍は、KIRAさんの機影を追い、重心を合わせます。

運が悪かったのは、敵はベース内ではなく、ベース前に鎮座していたこと。遅れてきた銃弾は、KIRAさんにコアを攻撃させる隙を与え、体力を削りきるまでに、6秒近くもかかってしまいました。

その間に、エリア移動で防衛、かつ、コア攻撃に来た味方の頭数が揃い、そのままコアを攻撃。破壊して見事圧勝を収めてしまいました。

私は、

「釣った~~~~」

と叫びました。

この無謀な突貫はもはや、釣りと言えると思います。突貫したことによって、躍起になってる敵は、ベース前プラントの占拠を怠り、

「目の前の敵だけ」

に注視。味方のゲージを気にしてしまい、その結果、

「見えてないその後の敵」

の侵攻を許してしまった…。実際は、敵はベースから動いていないですし、KIRAさんは、目に見える「ライン」自体を操作したわけではありませんが、明らかに、

「心理的なライン」

を操作したと言えます。そのような意味では、

「強襲の特徴」

を最大限に生かせた戦い方をしたなぁ…、と感嘆しましたね~ww

・本当に…

鋼さんにしても、KIRAさんにしても、

いい戦いを見かけることが多いですね~ww

自分の腕を磨くこともいいことですが、

やはり戦友(トモ)の活躍

はいい刺激になるなぁ~、と最近、感じております。と同時に、

「BBの原点が見えている」

ような気分になれますね。どんなプレイヤーでもいいプレイが出来るということは、バランスが高水準であるという証。

色んな意味で、今回のスカービーへのこむら返りは、

「大正解」

だったと言えるように思えますね。セガさんには、

感謝感謝です!゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

動ける狙撃を目指す!!

今回は、前回のプレイレビューをまとめてみたいと思います。

久々のスカービーでの狙撃。そして、その実際は…。

・コア凸の嵐…

昨日もお伝えしましたが、

とにかくコア凸が怖い…

人数が少なめに設定されていたり、カタパルトの位置がプラントに直接向いたりと、色々と強襲の恩恵が受けられる作りになっているので、

コア凸が激しい

のです。一瞬気を抜くと、コア凸を許し、ひどい時は、

何も出来ないまま…

ということも…。一人ひとりが考え、必要な行動を取れないと、負け確定のある意味、

難しいマップ

と言えるかもしれません。

・狙撃の立ち位置

さて、そんなハイスピードバトルの原点に戻った今回の戦闘。

狙撃の位置は非常に難しいものとなっていると言えます。

まず、芋砂では、

活躍は見込めない

と言えます。前線に出てくる敵を固定位置で排撃していては、敵一個は仕留められても、

前線ライン

という集団の波を食い止めるまでは不可能です。勢いづいた敵の足並みは、簡単には止められるものではなく、後方で狙い続ける行為は、残念ながら、

消極的行為

と言わざるを得ません…。前線近くにいれば、敵も狙ってくれるので、

前線は維持しやすい

と言えます。(流石に狙撃で一人では無理ですが…)

敵に狙われず、されど遠すぎず。

そんな自分の位置を探すことをお勧めします。

それでも、コア凸重視の人は怖いですが…。

・狙撃銃の選択

今回は自身の位置や戦法で狙撃銃を選択することをお勧めします。

まず、コア凸が多い今回のマップでは、砲台の破壊が大きな意義となります。初めのうちに破壊しておけば、後のコア凸は万全です。

施設破壊を目指すならば、『改』がお勧めです。

威力、手数ともに多く、HS→二発目や、中距離射撃などでも有効。

狙撃銃一本で、様々な戦法が考えられます。今後はこれらを研究していきたいと思います。

・マーゲイの検証

RF、ストライフを検証しました。

RFは一発で一撃。三連射で、集弾性が良好。そのため有効射程距離が長く、援護攻撃には最適です。ただし、一対一ではたった一撃のため、かなり難しいです…。セントリーと併用するのが吉。

ストライフは、一発が高く、味方との連携では「トドメ刺し」で十分な能力を発揮できます。ですが、全くと言っていいほど、集弾性が悪いです…。まず、当たらない…。もしかしたら、ヴォルペよりもツンデレかも…。

個人的には、どちらも使いずらいというイメージが・・・。^^;

やはり、カスタムですかね~ww

詳しい説明と能力、そして運用解説は後日掲載したいと思います。

恐れを知らぬ『豪傑』、それを恐れる『物』…。

ISKA「鋼さん!」

鋼さん「はい?」

ISKA「店内マ(ry」

はい、ということでですね、恒例の店内マッチングの時間です。

本日は久々のスカービーということもあり、その部分を交えながらお話を…。

今日は、KIRAさんも一緒だったので、三人で押してみましたよ。

・メンバーは六人

というわけで、

私だけ漏れました…ww

お二人は初対戦ということで、意気揚々とやられてましたね。

うーむ…。

・開始三十秒の出来ごとだった

気を取り直して、鋼さんとマッチング。

ローディング画面を経て、戦場が私たちの画面に映し出されます。

どうやら、同じような風景なので、マッチングは成功。

と、その時、

「味方ベース50%以下」

の報告が…。

「…途中参戦?」

とは言ったものの、同時マッチされてるのに、そんなことって…?

オペ子「兵装を選択してください」

あれ!?自陣のゲージが真っ白…、なんですけど???

とりあえず、兵装選択し終えて戦場に降下。

「コア防衛失敗…!」

な、なん…、だとっ…!!??開始、30秒で…、終了…?

コア凸厨こおぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

・撃ち落とし!って…!

というわけで、次の試合では開始早々、キッチリ撃ち落としたわけですが…。

「狙撃…、多い…」

敵には全く狙撃機が居なかったんですが、

開幕こちらは二枚…。

まてまて、私は先に選択してたぞい?もしかして、

それでも押した…、だと…!!!!

…とりあえず、撃ち方を始める私。市街地で動きながら戦っていたためか、芋っぽくない程の位置で敵の頭部に撃ちこみ、撃ちこみ…。

そして、何故か一位に…、一位!?

・「鋼、参上!」

マーゲイ演習を兼ねて参戦した今回。

「鋼さんのことだから、絶対、私を狙ってくるよなぁ…」

と思ったら、がぁーっ!という、ACの機動音が…。

しかし、目の前は岩肌。これなら流石の鋼さんも…。

……。

鋼さん「とぉうッ!!」

ヘヴィの脚を装着した、ガチムチキメラが…!!

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

この人、直進しながら飛んでキターーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

・斬り逢いの末に…

まあ、斬られて倒されましたがww

その試合は圧倒的にこちら(EUST)が不利状況。

断続的なコア凸を受け、勢いを増す敵の攻撃。

しかし、味方が敵のベースプラントへ…!

私も強襲で出撃し、第三カタパルトを経由して、建物の上へ。

敵が四機も固まってるww

「攻撃…、開始!!!!」

デュエルを握りしめ、バックアタックを仕掛ける私。弱ってる敵は三機!!

「うぉぉぉぉぉぉぉ!」

ザンッ!!

一撃の回転で、敵を二機斬り落とすと、そのまま、弱っている一機も迷わず撃破。

と、そこに宿敵、鋼さんの姿が…!

デュエルを握りしめ走り出す私。その動きと同時に動く、鋼さん。

2人とも回転切りが始まる…!!

ISKA「鋼さん!」

鋼さん「ISKAさん!」

2人「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

…そして、二つの鉄屑に風が吹き抜けた…。

・コア凸…wwww

その後、2人とも強襲でリスタートし、鋼さんはいつも通り、最前線へ。

私は、コア凸~wwww

と、

何故か誰も帰ってこなかった…orz

おかげで敵コアを撃破して、試合終了。

鋼さん「ちょっwwそりゃないわあぁ!」

は印象的でしたね。まあ…、確かに…。

・バラージが…

その後は、鋼さんの突貫プレイを拝見。

やはり、その戦い方は、

「滅茶苦茶」

ですねww

鋼さんの場合、脚はヘヴィで、他のパーツがキメラ仕様なのですが、

これでもかと弾丸を受けて体力5%以下になりつつも、敵を斬撃で撃破

出来るのは何故なのでしょうか…。

鋼さんの戦い方は結構、特異的なんです。アセンブルもガチガチ路線を突きながら、移動は、80%ブースト、20%ACで、

「ACは攻撃用ブースター」

と割り切って使用してますね。しかも、突貫斬撃のタイミングが、

「…ここだ!」

と、

まるで狙ったようなスーパー系のビジュアル…。

あの…、前方の敵三機は、一斉にあなたを狙っているのですが…?

と楽しみながらプレイを見ていると、敵の重火力がバラージを構え、鋼さんを狙って…!?こりゃ、流石の鋼さんも…。

「ここだ…」

え?今、ここだって…????

そのつぶやきと同時に、剣を構え、ACを起動…!

加速を開始する鋼さんの機体。その鋼さんをとらえようとする、バラージの弾道…!

一撃目は、鋼さんの左側を通過。普通なら、ここで空中へ移動し、二発目のバラージをかわす所…。

しかし、鋼さんの動きには迷いはなかった。

押し込んだブーストボタンを離すことなく、直進する鋼さん。

二撃目は、機体右側を通過。空を切る弾道は、まるで弾が、鋼さんに命中することを恐れているかのよう。

そして、運命の三発目。おそらく、敵は彼の動きが悪魔に見えたのかも知れません…。恐怖し、思わず動いてしまったため、重心がブレて空へと飛びます。

「もらった!!」

とばかりに剣を振り切り、駆け抜ける鋼さん。

この人の突貫は、

バラージの弾頭にすら恐れられているのでは?

と思えましたね。全く…。

埃かぶってた、『改式』を出してみる

渓谷に移りましたねww

色々な意味で、

久しぶりですが、かなり楽しみです。

どんなアセンブルで行こうか…、今から楽しみです。

・『改式』を使ってみる

遠来の購入からかれこれ何カ月か経過していますが、そういえば、倉庫の中で全く使われなくなった武器が…。

「そういえば、『改式』を使ってない…」

(私は、狙撃銃・改を、『改式』と呼びますww)を、長らく使ってないなぁ…、と。

狙撃を初めて、一番使いこんだ銃。やはり、遠来に次ぐ、『改式』の存在。

「忘れちゃ駄目ですなぁ…」

とふと思い出してニヤリ。

HSの練習も今までこなしてきたわけだし、そろそろ一旦、出してみようかと目論でます。

具体的には、

『改式』を使って、施設&ブラストへと攻撃

しつつ、

近くの敵を先生とマーゲイで薙ぎ払う

戦い方をしたいですねぇ…。

・マーゲイの検証実験:「継続」

実際、マーゲイを仕様してその性能を検証するこの実験。

このまま継続していくことにしてみます。

ジャンプマイン・オンリー

とは思わず、

使えるものは最大限!!

の精神で使ってみることに~。思えば、実際に運用しきったほど、使いきったわけではないですしねww

とりあえず、どのマーゲイが体に合ってるかを見つける作業をしてきます~ww

・コア凸に命を駆ける

今回は、とにかく、

前面に飛ぶ

ように心がけたいですね。何と言っても、

プラント直通カタパルトの復活

ですし、

AC慣性OFF

を見込めば、市街地同様、

初めての戦場

と言えますしね。久しぶりに、辻特化兵装の復活をww

接近戦…!

本日は、300円で一回戦のみプレイして、

「模擬演習」

でエイム練習しました。

・マーゲイ演習
今日はマーゲイで演習。
使用武器は、マーゲイカスタム。
久々でもあり、あまり使わないため、
「難しい…」
の一言でしたね…。
基本的に意識したのは、
「頭部攻撃」
「動きながらの射撃」
「残弾管理」
でした。
しかしながら、やはり、

威力が低い…

断続的に頭部には当てられるのですが、
「最大で三機」
が限界………
また、反動が強いので、
「連射はNG」
ですね。
「ターン、ターン…」
と、余裕を持って押すといいみたいですね。
この方法なら、
「ストライフでも…」
と思いました。今度試してみますWW

シュライクか…、ツェーブラか…

腕の話なんですが、どちらにしようか迷ってます。
シュライクを使って、近接攻撃や援護射撃などのオールラウンダーか、ツェーブラを使って、射撃特化、自走砲の役割でいくか…。
要検討が求められますね…。
頑張ります!!

狙撃のレビューを

書き始めましたww

書くのは簡単なんですが、

リンク張ったり、リンク張ったり、リンク張ったり…

するのがメンドクサイですね…。(A;´・ω・)アセアセ

しかし、頑張って更新していきたいと思います。

ぜひぜひ、覗いてみてくださいww

・携帯…

やっぱり鋼さんと同じものでしたwwwww

携帯チェーンジ!

携帯を変えましたWW
理由は、

電池パックが、パンパンに膨れ上がったんです。

「ば、爆発するっ!?」
といった感じで、流石に怖かったので…(^-^;

勿論、無料の奴ですWW

そういえば、
「この携帯の色と形、何処かで見たことがあるなあ…」
と思ってたら、

「鋼さんのだWW」

と思い出し、笑いが…
明日、本人に見せて確認しますWWW

本日は…

ボーダーブレイクもやったのですが、

特に、

キャッチャー系

をやったので、それをご報告。

もちろん、ボーダーネタもww

・狙撃vs狙撃(Ver.GRF)

かなりキツイです…

GRF側で狙撃をするのは、

地形上、とにかくキツイ

です…。というのも、

・身を隠せる場所が少なすぎる

・狙撃場所がEUST側に全て丸見え

の二点のせいで、

シールドを張られて高台から撃ちおろされると、手の出しようがない

のです…。EUST側なら、

敵狙撃機の視界、および射線に入らないように狙撃

も可能なのですが、

狙撃地点の限られるGRFでは…

と苦渋を飲むことが多いですね。これに関しては、

要研究

を重ね、的確な狙撃場所を割り出したいと思います。

それでも厳しいのには変わりないとも思うのですが…。

・「君は、ロックオン・ストラトスをしてるかい?」

今日は友達を車で乗せていったので、そのお礼に、キャッチャーをプレイさせてもらいました。

狙うは七百円ほどの

「カードスリーブ」

で、

「プラスチックの紐をアームでカチカチと下に落としていくタイプ」

のキャッチャーww(すいません、筺体名を思い出せない…)

珍しいスリーブで、店頭に並んでるところを見たことがなかったので、

「どうしても欲しい!!」

と思いチャレンジしました。

どうも、その友達も取れるとは思ってなかった様子。

一回目…、

失敗。

二回目…、

失敗。

しかし、三回目で、

クリティカル~ww

完全に紐の先端の円盤をとらえ、確実にあの音が…

「カチカチ!!」

おおおお、と驚く友達。

「おいおい、いけんじゃねぇ?」

ということで、続けてプレイして、

八回目で取れましたww

元の値段が700円+地元では珍しい絵柄

ということもあり、完全に得しましたねww

ちなみにこちら↓

Image0221

破廉恥と申されるな、可愛いとゆってくだされwwwwヽ(*≧ε≦*)φ

狙撃一択…!!

久々に、ボーダーブレイクしてきましたよ~ww

お金ないない…

とかいいながら…ww

最近は、強襲よりも、

狙撃一択

が多いように思います。

が、頑張ってますww

・ポイントは越える…、けど…

狙撃をしてると、

「HSの技能に頼る」

ため、占拠は殆どしないので、0の状態が多いのですが、

戦闘が平均的に60以上

になることが多くなってきましたね。

特に今日は五戦ほど戦ったのですが、

戦闘ポイントが100越える

ことがざらだったですww

しかし、ポイントが高くても、

負ける事の方が多い

ようにも思いました…。

どうも、

「HSを狙っているだけでは…」

駄目なような気がしてきました。おそらくですが、

「ダメージを受ける→引き籠る」

という形で、敵の動きが滞ってた、というのが原因のような気がします…。

・強襲ばかりでも

殆ど格差マッチの戦いだったのですが、

勝ちました

ねww

どうやら、

相手が強襲ばかりだった

というのが原因らしいです。こちらは様々な兵装で攻めるのに対して、明らかに相手は、

強襲のみ

の戦闘部隊でしたね。しかもガチムチ…ww

おかげで、

HSのしやすいこと、しやすいこと…ww

強襲がバランスよく強いことも分かりますが、

「流石に多すぎるのも…」

と思った瞬間でしたね…。

・おいおい…

狙撃だと、

「味方に撃たれる」

んですよね…。

「お前、狙撃…ww」

みたいな形で…。

ただ、今日は、活躍していたのに、

撃たれました…。

え…?どうして…?

狙撃は認められないの…?ちゃんと敵も撃破して活躍してるのに…。

狙撃の地位を確認できて、ちょっと涙目になりました…。

考えれば、

「個人プレイだけだろ?」

という意味では活躍してなかったのかも知れませんが…。

しかし…、ね…。

リチャージ…?

とりえあえず、

350円

は作れましたwwww

どんだけぇ~ww(古!)

さあ、このお金で、明日はガンガン(?)撃ちこんできますよ~。

・最初は…

実は、最初は

110円

でした。どうも安いソフトを売ろうとしてたみたいで、

なんとか高めの所を…

探し出し、最終的に、

350円

に落ち着きました…。

やっぱり、色んなところに行ってみるべきですね…。

しかし、

数百円単位

の話をするとは…。^^;

第五回アンケート結果発表~ww

そういえば、もう12月ですね…。

色々忙しくなりそうで、嫌気が…。

しかし、頑張ってゲーセンには通いますよ~ww

それでは、第五回アンケート結果を発表したいと思います。

第五回の質問は、

「あなたの使う手榴弾は?」

でした。

・結果

38型=2

40型=3

41型=3

という結果になりました。

やはり、41は人気が高いですね。ただ、40型も同じくらい多いです。

状況に応じては、

「40型」

という選択もありということでしょうかね。

以外と、38型に投票している方もいて、手榴弾の奥深さを感じました。

ちなみに、私は40型です。

理由は、

「とにかく遠くに投げられる」

「弾数が多く牽制向き」

「バウンスを使った投げ入れがしやすい」

などですかね~ww

それでは、第六回アンケートに移りたいと思います。

お題は、

「現在、AC慣性はいると思うか?否か?」

です。

慣性があった時代のマップをプレイ中ですし、慣性が無くなって皆さん落ち着いてきた時期だとも思いますので、敢えて、このような質問をさせていただきたいと思います。

現在のご自身のプレイ状況とかみ合わせて、

「いるか、いらないか」

を教えてください。

うーん…

早くも財布が、

ぼーだーぶれいくww

色んな事に使って、残り所持金、

100円となりました~wwww

さあ、どうしよう…。

とりあえず、お金を生産して、ボーダーブレイクにいきたいですが、

さあ、その後は?

という心配が…。

当面は自粛?

とか思いながら、新たな企画を画策したり…。

久々に小説を書こうか

と思ってますww

出来たら、もちろんブログに上げていきたいと思いますww

ご期待あれ~wwww

最近…

携帯で書くことが、多くなってきたように思いますね………
もう少しゆっくりしたいのですが、色々な要因(?)がそれを邪魔してます。
久々に小説書きたいなあ…
と思いながら妄想してますwwww

狙撃による戦略の構築

久々に戻ったブロア市街地、皆さまどのようにお過ごしでしょうか?

私の場合は、狙撃でがんばってます~ww

「HS、HS…」

といいながら、スコープをガン見してますよ~。

そんな私の狙撃で得た情報をお送りしたいと思います。

下の画像をクリックして記事と合わせて参照してみてください。

ちょっとでもお役に立てれば幸いです。

Sogekidf_2

*画像は公式サイトより

・高台と市街地

赤い四角と、緑の四角。

これらは、狙撃地点の最適ポイントであり、

赤は高台

緑は市街地

と分かれています。

基本的には、どちらも使用して戦いを進めていくことが望ましいのですが、

他のスナイパーが居て、高台が使用不可能

という場合もあります。そのため、

基本ベースは、市街地

余裕ができれば高台

と移動していくといいと思われます。

・狙撃に適しているのは…?

市街地の四角が物語るように、

EUST側

の方が狙撃に適した地形だと言えます。

特に、リフト付近の狙撃ポイントは、

主要狙撃ポイントの高台から狙われず、前方の敵の動きをカバーしつつ、橋前の敵を狙撃する

と一挙三得の場所で、狙撃のみならず、重火力も使える場所と言えます。

ただし、敵ガンターレットが近めであり、強引な敵の接近は容易に許してしまう弱点もあります。

これらの防衛策は後ほど。

・動くタイミングは?

狙撃場所は、

「基本的に一人」

というのが前提なので、誰かがいたら、自分から動くように心がけるといいです。

また、

敵を倒した時は大抵移動したほうがいいです。

狙撃は勿論、強襲は手榴弾、重火力はガトリング・サワード・榴弾で逆襲される可能性があるからです。

ポイントは、

そのまま構えて数秒、その後、行動開始

がいいと思われます。撃破時のサーチで、自分の位置がばれてしまうため、倒してからすぐに動くと、

「あっちの方向に…」

と検討をつけられてしまうためです。さらに、

「こいつ…、倒す!」

と思わせて、同じ場所に狙いをつけてもらえれば、

数秒間は味方が敵の攻撃にさらされることがなくなる

わけです。狙撃は落ち着いて行動を心がけると、集中力もあまり欠かず次弾に集中できるのでおススメです。

・狙撃の防衛

市街地では敵との接近戦が当然のように起こります。

そのため、近くの敵を狙い撃つ技術も必要ですが、特に、

いかに敵へ効率よくダメージを与え、味方と合流することができるか

が重要になると思われます。そのためには、

自身の近くに防衛網を敷く

ことが重要だと私は考えてます。

マップの青いラインをご覧ください。

ここの場所にジャンプマインを仕掛けるように心がけてます。

EUST側では狙撃場所に直接。

GRF側では、上ルートに撒きます。

EUST側は、自分の周りに撒くと、

接近戦の要・コア凸への牽制

になり、非常に効果的です。

ただし、ガンターレットに焼かれやすいことに注意。最初に壊しておくことをお勧めします。

GRF側は、下ルートの防御力はプラントの配置的にも建物の配置的にも高いため、ここはあえて無視。むしろ、セントリー先生と味方、そして自分の狙撃に任せる形で。

上のルートでは二段階に分けて撒きます。

前衛はガンターレットの後ろ、後衛は坂道で。

これはガンターレットで焼かれないための工夫であり、

「ガンターレットを突破されると負ける」

ことを考えてのことです。自分が乗った万が一のターレットを無視されて、「AC→突破」を試みられた時の防御線として使用します。

先ほども出ましたが、セントリー先生は、オレンジの四角で囲んだところに配置します。

榴弾に破壊されづらく、かつ、プラント防衛のカバーとしてよい場所を選んでみました。

ただし、中央高台の場所は、榴弾が振る可能性があるので、過信は禁物です。

以上が狙撃の研究考察の結果です~。

まだまだ数日程度のものなので、今から育てていくものですが、

しっかりと強固なものにしていきたいと思います。

ゴッドイーター

PSPの無料配布版、
『ゴッドイーター』
を手に入れ、プレイしてみました。
剣と銃の二種類の武器を使い別けてモンスターを倒していくアクションRPGです。
うーむ、モンハンみたいな感じがありますなあ〜。
しかしながら、ジャンプや連続攻撃の軽快さで、スピード感がありかなりいいです。
今後の注目作ですね〜WW

狙う時間は十分に

旧ブロアに戻った後の世界は、

「混沌」

と化してますね。なんだか、別世界にいるようです。

・停滞

AC慣性の廃止により、両軍とも、

「橋の前で停滞」

している時間が長くなりましたね。ブロアはそうでなくても、41型を投げる名所なのに、各軍動かないとなると…。

「雪合戦」

といっても差し支えないです。橋を渡ってラインを看破する人もいないではないですが、難しい現状ですね。

さらにヘヴィーの数も異常なほど。本当にキツイ…。

ただし、頭部がシュライクやツェーブラが多いので、ヘヴィー相手だと、

「狙撃のHSが決まりやすい…!!」

戦闘のみで、

115pt

獲得出来ましたwwww

・狙撃場所を検討する

高台からの狙撃は、

「もうわかってるし~ww」

と言わんばかりにやられます…。

なので、市街地に降り立って狙撃をするように動いてみました。

まだ、EUST側だけですが、具体的には、

「橋を挟んで、対角線上に位置する場所、小さな建物が混在する場所」

へと潜伏し、撃ちこみます。

分かりやすいマップはまた後日用意いたします。

この場所は最適な狙撃ポイントであり、防御ポイントであるため、

「マインと先生」

の取り合わせが非常に役立ちます。

銃は、遠来や新式。遠来でもある程度の距離があり、新式のスコープ内の場所なので、どちらでも安定します。

高台に上って、対スナイパーをするなら遠来、他兵装ブラストを相手するなら、新式といったところだと思います。

どちらもするなら、「改」がおススメ。弾も威力もありますし、使いやすいですしね。

・そういえば…

マーゲイ使って突貫してくる狙撃兵が居ましたね…。コアの近くまで来てました。

「…!ネタか!?」

と叫びそうにww

てか、敵の狙撃兵を通すラインって…。

ちょっと…、やヴぁいなぁ、と思いました。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »