フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 緊急速報!! | トップページ | この数カ月を振り返って »

光学迷彩の行方

昨日から情報を集めてます。

とりあえず現時点のまとめをww

・二種類の可能性

光学迷彩には二つの形が考えられます。

ステルス壁による光学迷彩

スキンによる光学迷彩

以上の二種類です。

前者はシールドの代替要素として、ステルス(迷彩)の壁を設置するタイプ。

後者は前進が消え、自由に移動できるタイプ。

「撃ったら姿が少し見える」や「試作型が搭載される」など、今までの情報を統合すると、

可能性が高いのは前者である

といえます。「アドバタイズムービーの映像から」という情報が多いのが理由と、後者であると「悪い意味」で戦場に様々な影響が出てしまうことが予想出来るからです。

個人的には後者の方が良かったのではありますが…。

・設置型とすると…

対スナイパーへの位置づけが強くなったように思われます。その他の兵装からも狙われずらくなり、

「あり得ない距離からの中距離狙撃」

も出来るようになります。

例えば、姿が消え、敵に見つかる心配がなければ、遮蔽物をまる無視した場所(ブロアなら教会の上や屋根の上などの今まででは考えられなかった狙撃場所)から狙撃することも可能になります。

また、より罠の秘匿性を高めることができるようになり、

「敵侵攻ライン上にジャンプマインを敷き詰めて、ステルス壁で隠す」

といった面白い工作も出来るように…ww

シールドを殆ど使っていなかったスナイパーには、朗報と言えそうです。

・もしスキン型だったら…?

それはそれでカオスと化していたような…。

まず、

「敵陣への単独侵攻が可能」

になります。そのため、

「敵陣の破壊工作」

や、

「敵陣へのジャンプマイン散布」

などあらゆる工作を施すことが可能に…。

また、「消えている」という視覚効果を利用して、敵陣をかき回したり、敵陣の高台からブラストへと撃ちこんだり、

「それこそ無茶苦茶な」

戦闘光景が見られることでしょうww

それはそれで楽しそうだとお(ry

« 緊急速報!! | トップページ | この数カ月を振り返って »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

 索敵に対しペナルティがかかる設置型・・・というのが妥当な感じですね、ルーキーに対してある程度の

「防御効果」

が見込める装備・・・という感じだと思いますね、ただ・・・遠めで目立ちすぎるシールドから比べれば遥に柄がってが良さそうだ・・・と思ったえびはらでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/32795431

この記事へのトラックバック一覧です: 光学迷彩の行方:

« 緊急速報!! | トップページ | この数カ月を振り返って »