フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« ゴッドイーター | トップページ | 最近… »

狙撃による戦略の構築

久々に戻ったブロア市街地、皆さまどのようにお過ごしでしょうか?

私の場合は、狙撃でがんばってます~ww

「HS、HS…」

といいながら、スコープをガン見してますよ~。

そんな私の狙撃で得た情報をお送りしたいと思います。

下の画像をクリックして記事と合わせて参照してみてください。

ちょっとでもお役に立てれば幸いです。

Sogekidf_2

*画像は公式サイトより

・高台と市街地

赤い四角と、緑の四角。

これらは、狙撃地点の最適ポイントであり、

赤は高台

緑は市街地

と分かれています。

基本的には、どちらも使用して戦いを進めていくことが望ましいのですが、

他のスナイパーが居て、高台が使用不可能

という場合もあります。そのため、

基本ベースは、市街地

余裕ができれば高台

と移動していくといいと思われます。

・狙撃に適しているのは…?

市街地の四角が物語るように、

EUST側

の方が狙撃に適した地形だと言えます。

特に、リフト付近の狙撃ポイントは、

主要狙撃ポイントの高台から狙われず、前方の敵の動きをカバーしつつ、橋前の敵を狙撃する

と一挙三得の場所で、狙撃のみならず、重火力も使える場所と言えます。

ただし、敵ガンターレットが近めであり、強引な敵の接近は容易に許してしまう弱点もあります。

これらの防衛策は後ほど。

・動くタイミングは?

狙撃場所は、

「基本的に一人」

というのが前提なので、誰かがいたら、自分から動くように心がけるといいです。

また、

敵を倒した時は大抵移動したほうがいいです。

狙撃は勿論、強襲は手榴弾、重火力はガトリング・サワード・榴弾で逆襲される可能性があるからです。

ポイントは、

そのまま構えて数秒、その後、行動開始

がいいと思われます。撃破時のサーチで、自分の位置がばれてしまうため、倒してからすぐに動くと、

「あっちの方向に…」

と検討をつけられてしまうためです。さらに、

「こいつ…、倒す!」

と思わせて、同じ場所に狙いをつけてもらえれば、

数秒間は味方が敵の攻撃にさらされることがなくなる

わけです。狙撃は落ち着いて行動を心がけると、集中力もあまり欠かず次弾に集中できるのでおススメです。

・狙撃の防衛

市街地では敵との接近戦が当然のように起こります。

そのため、近くの敵を狙い撃つ技術も必要ですが、特に、

いかに敵へ効率よくダメージを与え、味方と合流することができるか

が重要になると思われます。そのためには、

自身の近くに防衛網を敷く

ことが重要だと私は考えてます。

マップの青いラインをご覧ください。

ここの場所にジャンプマインを仕掛けるように心がけてます。

EUST側では狙撃場所に直接。

GRF側では、上ルートに撒きます。

EUST側は、自分の周りに撒くと、

接近戦の要・コア凸への牽制

になり、非常に効果的です。

ただし、ガンターレットに焼かれやすいことに注意。最初に壊しておくことをお勧めします。

GRF側は、下ルートの防御力はプラントの配置的にも建物の配置的にも高いため、ここはあえて無視。むしろ、セントリー先生と味方、そして自分の狙撃に任せる形で。

上のルートでは二段階に分けて撒きます。

前衛はガンターレットの後ろ、後衛は坂道で。

これはガンターレットで焼かれないための工夫であり、

「ガンターレットを突破されると負ける」

ことを考えてのことです。自分が乗った万が一のターレットを無視されて、「AC→突破」を試みられた時の防御線として使用します。

先ほども出ましたが、セントリー先生は、オレンジの四角で囲んだところに配置します。

榴弾に破壊されづらく、かつ、プラント防衛のカバーとしてよい場所を選んでみました。

ただし、中央高台の場所は、榴弾が振る可能性があるので、過信は禁物です。

以上が狙撃の研究考察の結果です~。

まだまだ数日程度のものなので、今から育てていくものですが、

しっかりと強固なものにしていきたいと思います。

« ゴッドイーター | トップページ | 最近… »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

このマップを逆に考えると、線がひかれていないコースが
コア凸しやすいルートという事になりますね。
おのずとマインや先生の置き場所もわかってくるというものです。

なるほど、参考になりましたww

>>でんちゅうさん
そのように取って頂くと、とても、ありがたく思いますww
コア凸ルートは私も探し中でございます。
日々武器を変えながら頑張ってますww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/32475896

この記事へのトラックバック一覧です: 狙撃による戦略の構築:

« ゴッドイーター | トップページ | 最近… »