フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 恐れを知らぬ『豪傑』、それを恐れる『物』…。 | トップページ | 素晴らしい戦場と素晴らしい日々 »

動ける狙撃を目指す!!

今回は、前回のプレイレビューをまとめてみたいと思います。

久々のスカービーでの狙撃。そして、その実際は…。

・コア凸の嵐…

昨日もお伝えしましたが、

とにかくコア凸が怖い…

人数が少なめに設定されていたり、カタパルトの位置がプラントに直接向いたりと、色々と強襲の恩恵が受けられる作りになっているので、

コア凸が激しい

のです。一瞬気を抜くと、コア凸を許し、ひどい時は、

何も出来ないまま…

ということも…。一人ひとりが考え、必要な行動を取れないと、負け確定のある意味、

難しいマップ

と言えるかもしれません。

・狙撃の立ち位置

さて、そんなハイスピードバトルの原点に戻った今回の戦闘。

狙撃の位置は非常に難しいものとなっていると言えます。

まず、芋砂では、

活躍は見込めない

と言えます。前線に出てくる敵を固定位置で排撃していては、敵一個は仕留められても、

前線ライン

という集団の波を食い止めるまでは不可能です。勢いづいた敵の足並みは、簡単には止められるものではなく、後方で狙い続ける行為は、残念ながら、

消極的行為

と言わざるを得ません…。前線近くにいれば、敵も狙ってくれるので、

前線は維持しやすい

と言えます。(流石に狙撃で一人では無理ですが…)

敵に狙われず、されど遠すぎず。

そんな自分の位置を探すことをお勧めします。

それでも、コア凸重視の人は怖いですが…。

・狙撃銃の選択

今回は自身の位置や戦法で狙撃銃を選択することをお勧めします。

まず、コア凸が多い今回のマップでは、砲台の破壊が大きな意義となります。初めのうちに破壊しておけば、後のコア凸は万全です。

施設破壊を目指すならば、『改』がお勧めです。

威力、手数ともに多く、HS→二発目や、中距離射撃などでも有効。

狙撃銃一本で、様々な戦法が考えられます。今後はこれらを研究していきたいと思います。

・マーゲイの検証

RF、ストライフを検証しました。

RFは一発で一撃。三連射で、集弾性が良好。そのため有効射程距離が長く、援護攻撃には最適です。ただし、一対一ではたった一撃のため、かなり難しいです…。セントリーと併用するのが吉。

ストライフは、一発が高く、味方との連携では「トドメ刺し」で十分な能力を発揮できます。ですが、全くと言っていいほど、集弾性が悪いです…。まず、当たらない…。もしかしたら、ヴォルペよりもツンデレかも…。

個人的には、どちらも使いずらいというイメージが・・・。^^;

やはり、カスタムですかね~ww

詳しい説明と能力、そして運用解説は後日掲載したいと思います。

« 恐れを知らぬ『豪傑』、それを恐れる『物』…。 | トップページ | 素晴らしい戦場と素晴らしい日々 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コア凸強襲にもどり、見事に降格しそうです。

Aクラス入りを果たしたものの、ハードル高すぎですorz
この渓谷では、敵と戦っているかコアを攻撃しているかの
どちらかに常に身を置き続けなければいけませんね。

典型的なエービールーパーになりそうですな・・・

こんにちは。
Cプラント連続ブラスト爆破事件被告ブラオドルヒです。
                         (・ω・)ゝ
隊長のアドバイス通り
「前線維持」
「局所防衛」
「コア突敵の早期発見」
を念頭に戦闘を行ってみました。

非常に、いい感じです(・∀・)ゝ
クイックスマック以外は初期装備のブラオドルヒですが、なかなかの戦績を挙げることができています。
(さすがに自分以外は強襲兵というのはキツかったですが・・・)
アドバイスありがとうございます(・ω・)ゝ

追伸
狙撃はブラオドルヒには結構難しいです(・ω・;)
実戦で挑戦するのはまだまだ先のようです。

 昨日GRFでベース防衛にスナイパーを使っている人がいましたが、セントリーガンLZをプラントCに向けて配置、そして遠雷でボディショットを狙っていましたね、サブはマーゲイ・カスタムでしたがジャンプマインの方がいいかも?という感じですね。
 自分もEUSTでコア凸したら狙撃のメイン・サブ・補助をフル活用して迎撃されましたね、単機・フルシュライクだったのもありますが。
 それとその人から聞いたのですがジャンプマインをプラントにポイポイ置いて

「連続撃破10」

をやった猛者もいるそうな、いろんな人がいるな・・・と思ったえびはらでした。

でんちゅうさん>>
やはり、Aランクは厳しいですか…
降格って、惑わされてはいけないと思っても、何故か気になってしまって、それが裏目にでるんですよね…
焦る気持ちは、あるとは思いますが、じっくりと確実に頑張って下さい!

>>ブラオドルヒさん
更に、「局所的な罠の配置」が出来るようになると、支援機の
「嫌らしさ」
が発揮できるようになります。具体的には、コア凸ルート定番の
「カタパルトへ地雷を配置」
したり、
「カタパルトで飛んだ先の高台や、その下に設置」
したりすると、より効果的です。ベースに撒くのも効果的ですが、本日のレビューでもあるように、
「ベースに近づけさせない」
ような立ち回りを目指すといいかも知れませんWW

>>えびはらさん
狙撃は装備する主武器と副武器で、
「戦闘スタイル自体が変わる」
のが魅力の一つですねWW
最近では、
「遠雷一択」
よりは、
「自身の戦闘スタイルに合わせた武器選択」
が主流みたいで、「改」や「新式」を使う狙撃機も多いみたいです。
副武器は好みによっても別れますが、やはり私は、
「ジャンプマイン派」
ですね。やはり、マーゲイは、
「生かしきれない自分がいる」
ようです。使い慣れれば、また違う反応かなあ…、とは思うんですけど…。
狙撃は、自分の個性が出やすくて面白い兵装だと、日々、出撃しながら思ってます。(使える使えないは、別として…^^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/32633765

この記事へのトラックバック一覧です: 動ける狙撃を目指す!!:

« 恐れを知らぬ『豪傑』、それを恐れる『物』…。 | トップページ | 素晴らしい戦場と素晴らしい日々 »