フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 狙撃レビューの追加 | トップページ | やはり……… »

しかし、それが現実だとしても…!!

どうやら、

『Sランク実装予定か?』

らしいですね~ww

…今日はこの数日のボーダーブレイクのプレイ内容を思い出しながら考えたことを書き留めたいと思います。

最近は振り返ることもあまりやって無かったので、整理のためにも一つと言ったところです。

・取り扱い注意の武器=魔剣と…

よく言われることですが、ティアダウナーのことを「魔剣」と呼ぶのは通説ですよね。

すさまじい攻撃範囲と、しかし扱いにくいその動きを兼ね備えた強力な剣。それに頼り取り込まれてしまうと、

「文字通りに魔剣に操られてしまう」

ことになります。この辺りは皆さんもご存じの通りです。

でも、どうしてなんでしょうか。最近思ったのは、

同じような扱いの難しい「遠雷」がそのように呼ばれないのはどうして?

ということです。遠雷=狙撃手の憧れは分かるんですが、

どうも扱いの難しい銃であることを忘れて撃ち回している人々が多い

ように感じられるのです。例えば、遠雷を使って、

施設破壊をしたり、

高台から動かずに狙撃したり、

挙句、ツェーブラ41ですら無いのに立って撃ってみたり…。

狙撃の人口が増えたことは一つの前進…、と思いたいところですが、

「実は脚は動いているようで、後ろに歩いてしまっている」

のではないのだろうかとつくづく思います。

遠雷=最強の意識…。大切だとは思いますが、その敷居を見直す必要があるのではないだろうかと常々、考えます。

・人に撃ちこむ弾があれば…

ブロアになってから、狙撃を使っていると、

「時々弾を撃ちこんでくる味方」

や、

「デ剣を振り回してくる味方」

が多くなりました。

…『狙撃』ですし、撃たれても、切られても、構わないんですが、

「人に撃ちこむ弾や切りつける時間があるならば…」

と思いますね。そういう人を見かけると、

「ああ、この人はタカが知れてるな」

そのように思いますね…。自身の成すべきことをせず、

「ただ気に食わないから」

という軽率な理由で叩いてくる。

しかし、不運にも、そういう人がいる試合は、

「大抵は勝てない試合」

が多いものです。そういった点では、

「卑下してくる人」

を憎みますね…。全く、悲しい現実です…^^;

ですが、認められない世界でも、私はそれを選ぶつもりです。それが私の意地ですし、なによりも、

「最強の兵士」

になるための一歩であると信じていますからww

« 狙撃レビューの追加 | トップページ | やはり……… »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ちょっといいことがあった、縞馬支援兵ブラオドルヒです。
(・ω・)ゝ

私もこの間、後ろで待っている厨房に陰口をたたかれましたね。
どうやら私の機体の運用がおかしかったらしく、
「群れ」でなんか言ってました。

しかし、
まぁ気にしてても仕方ないですね。(・ω・)ノ

私は自分の「支援道」を貫きます。
隊長も「雑魚ども」など気にせず、「我」を貫いてください。
(・ω・)ゝ

さて、暗い話はここまで!

明日から「スカービ渓谷~砂上の激突~」
そして、
再来週には新しい戦場
「第3採掘島~搭上の攻防~」でございます(・∀・)ノ

後者のほうは、前々からクレアさんと私で予想していた
「局地攻略」的な・・・?
(注:まだマップが発表されていませんので、あくまで予想ですが)

楽しみですね!
では、各隊員御武運を!(・ω・)ゝ

迷彩支給後の砂は侮れませんよ。
「砂=悪」と決めつけてる人たちも頭に遠雷接射されれば
考えが変わると思いますね。
アレは怖ぇ(((((((( ;゚Д゚))))))))

最近は同じ砂でも砂スネ派と芋砂派がおられます。

迷彩起動した砂が歩いて坂を登ってもりもり工作してくる姿は恐怖。
しかしそいつを処理していると今度は超遠距離から雷が・・・

地味に息の合った好プレイに「敵ながらいい腕だ」とつい・・・

そんなこともあってか
気が付いたらレーダーが壊されている事が多いのですが、
そんなのはどこ吹く風とばかりに市街で戯れる支援達。

ベースで「修理を頼む!」と連呼しても「NG」すら返さぬ支援達・・・
「ベースを守ろう」と言うと、帰って来るのは大抵強襲なんですけど・・・

次に進化が求められるのは、たぶん・・・

BB界も弱肉強食ですなww

>>ブラオドルヒさん
悲しいですね…。そんなことを言う人が居るとは…。^^;
腕はどうか知りませんが、
「人間として三流以下」
とは…。非常に残念です。
そういう人は、机の角で小指をぶつければいいんですww

>>でんちゅうさん
遠雷接射を実際にしてみたところ、
「…これは酷い」
と思いましたね。戦争といえばそこまでですが、
「これはかなり精神的に来る攻撃だなぁ…」
と実戦した本人が思うほどなので…。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/33109082

この記事へのトラックバック一覧です: しかし、それが現実だとしても…!!:

« 狙撃レビューの追加 | トップページ | やはり……… »