フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 最前線=狙撃、重火力?「あるぇ?強襲は???」 | トップページ | 困難なコア凸… »

採掘島での狙撃兵装を考える

採掘島は元々、地形が入り組んでおり、

「狙撃が難しいマップ」

だと思います。安定した狙撃場所が少なく、出会い頭の戦闘が多い特性上、

「発見されて撃ち落とされる、切り倒される、爆弾投げられる」

と不運が…。

そんな狙撃兵装について、今回は立ち回りを考えていきたいと思います。

・Cプラントの防衛を考える

今回も工作重視でいきたいと思います。

マーゲイに持ち替えて、バンバンやるというのも一つの手ではありますが、

「どうもやりたいことが…」

という懸念が自身の中にありますね。マーゲイでは役不足のように思います。

距離を算出、切り替え、攻撃。一連の動作をする前に、狙撃銃の引き金を引いた方が早いのでは?と最近では、思い始めました。狙撃銃でも近くの敵を攻撃できるようになりましたしねww

マーゲイの有効性は否定わけではないのですが、自分仕様では無いかも…。そのように思うのです。

さて、そんな工作兵が、どのように動くかを考えた時、真っ先に思い浮かんだのは、

「Cプラントの維持」

ですね。狙撃兵の基本である、

「局所防衛」

を目指したわけです。

このマップで最重要なのは、

「Cプラントの奪取、および維持」

であり、今までのマップと違って、

「取るだけでは駄目」

という趣です。今まで感じた戦場の動きと勝率を総合して考えると、

「長く維持できた軍の勝利」

が見えてきました。他の方のプレイを見ても感じましたが、基本的にこのCプラントがあると無いのとでは、プレイの内容が大幅に違っていましたね。

プラントを維持するには、以下のことが考えられます。

1:「致命傷には至らなくとも、確実な狙撃でダメージを与える」

2:「セントリー先生を維持」

3:「敵の侵攻を遅らせるようにマインを配置」

4:「敵陣の砲台を破壊する」

1、2番は基本としてマスターする部分ですね。特に、セントリー先生の設置場所は今も探しています。

ポイントは、4番。

敵陣の砲台を積極的に破壊することによって、コア凸の成功率と敵の侵攻を遅らせてます。前者は、数少ないコア凸の成功率を上げるために、後者は支援兵装の枚数を減らすためです。

特に、後者を重視しています。このマップでは支援兵装が多く出る傾向にあるようなので、メタにもなります。前線が一枚減るということは、それだけプラントへの侵攻がしやすくなるということ。

状況次第ではありますが、「壊さないよりは、壊した方が」というのが私の意見ですね。

・防御時の立ち回りを考える

もちろん、ただ、防御だけに従事するわけではありません。それでは、ただの

「芋砂」

に過ぎませんし、

「工作兵」

とは言えません。やはり、フレキシブルに動いてこその狙撃兵ですよねww

大きなポイントは、

「Cプラントを司令塔とした、前線への攻撃」

を意識することだと思います。具体的には、ブラストへの攻撃、砲台への破壊工作があげられると思います。

これらの一連の動作は、給水塔の頂上から全て行うことができます。しかし、給水塔は足場が悪く、敵の攻撃にさらされやすいという弱点があります。狙われれば、格好の的になり、狙撃されればほぼ一撃…。

そこで、給水塔に上ったということを悟られないような動きが必要だと思われます。

例えば、破壊工作。これは、頭を出さずとも行えるため、ベースから狙撃される以外は、危険性はまず皆無です。

また、一機落としたら給水塔から降りて、工作や見回りを行ったりするなど、

「インターバル時間」

を置くことも大切だと思いますね~ww

続きはまた今度~ww

« 最前線=狙撃、重火力?「あるぇ?強襲は???」 | トップページ | 困難なコア凸… »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント


こんばんは。
シマウマ支援兵、ブラオドルヒです。(・ω・)ゝ

2010年、初めてのプレイをしてまいりました。


「第3採掘島~夕暮れの戦火~」

すさまじい
「鋼鉄の殴り合い」でございます。(・ω・;)
そう。
まさに「弾薬」という「拳」をも用いての・・・。


そんな剣林弾雨のなか、
クイックスマック担いで戦友たちの背中を眺めてました。

隊長の仰るとおり、Cプラントの維持、防衛、攻撃は重要ですね。
本日は、マップを知ろうとうろうろしてら
給水塔裏から敵がワラワラ・・・
見事な負け戦でございいます^;

ここを600秒以内にどう処理すべきか。
経験不足のブラオドルヒにはまだ戦略は浮かびませんが、
なんとか今後学習していきたいとおもいます。

追伸
リペアユニットβまで、
ニュード郡体:2

GRF側から攻める場合、
かつてCプラのあった場所にあるリフトから登るという手が
なかなか有効です。
開幕コア凸にこの手は結構使いました。

リフトを使えないEUST側から攻める場合でも、
このルートは裏のコア凸選択肢として残ります。
Dプラをモロに通過するため、Cプラとられてるときがオススメ。

注目のCプラと関わらずに行けるため裏をかきやすいのでしょう。
(じきに警戒厳しくなりそうな気もしますが^^;)
特に開幕の立ち回りにおいては攻守ともに
かなり重要な伏せカードとなります。

EUST側での砂なら、開幕プラ無視で鉄橋付近まで行けば
だらーんとぶら下がっている敵修羅食べ放題・・・かも??

>>ブラオドルヒさん
Cプラントを占拠できたら、どんどんカタパルトで前線に飛んでもいいかも知れません。
カタパルトの先には、敵軍専用のカタパルトも存在しているので、戻れる可能性も十分にあります。
狙撃兵装でも敵を釣って帰ってこれたので、問題ないかと…WW
敵陣に工作したり、カタパルト自体に工作したり、結構、面白いと思いますよWW
また、今回の支援兵装は、センサーがいい感じみたいです。
エリア移動のよいボディと合わせて使ってみてはどうでしょうか?かなりのコア凸を潰せると思いますWW

>>でんちゅうさん
釣り強襲をしながらコア凸ルートを模索していますが、なかなか…^^;
やはり、センサーによって発見されますし、ツェーブラ機には見つかって先回り…。
41型を持ってないとは言え、見つかってしまった時の動揺は…、ですね…。
見つかった時の立ち回りを強化する必要があると思う今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/32885036

この記事へのトラックバック一覧です: 採掘島での狙撃兵装を考える:

« 最前線=狙撃、重火力?「あるぇ?強襲は???」 | トップページ | 困難なコア凸… »