フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« この数カ月を振り返って | トップページ | 光学迷彩情報 »

狙撃兵って…?

あけまして、おめでとうございます~~~~~ww

今年もヨロシクです~~~~~wwヽ(*≧ε≦*)φ

・ただ狙撃するよりも

戦闘中、急によぎったことですが、

「狙撃兵の本質」

っていったい何なんでしょうか?(・_・)

そもそも狙撃兵の役割って一体…?、と考えた時、

「ただHSしてりゃいいわけじゃないよね?」┐(´(エ)`)┌

というのが思い浮かびました。略式ですが、一般的に狙撃兵とは、

「射手としての能力だけでなく、戦場のありとあらゆる知識を持ち合わせ、全ての兵器に精通している兵士」

と言われています。必ずしも、

「射撃が得意だから」

という理由では狙撃兵になれないのが現実のようです。

そのような現状を考えた時、

「ただ狙撃の技術を向上させても…」

と思い立ったわけです。

・工作から始めてみる

そこで、狙撃兵の特徴の一つである、

「局所防御」

について実戦してみることにしました。優秀な狙撃兵は、

「防衛線で活躍」

という経歴を多く残しています。狙撃自体が、

「待ち」

の特徴を大きく持ち合わせている以上、中途半端に攻めるような行動は、

「あまり良い効果が得られず…」

と自身にしても、チームにしてもマイナスになりやすい…。

とにかく、自分が出来ることをひたすらやり続け、出た結果で、

「兵装選択の見直し」

をするように心がけてみました。

とりあえず、序盤は工作兵として徹底的にトラップを仕掛け、敵軍の侵攻を阻むように動いてみました。

散布の割合は、広範囲。とにかく、敵が利用しそうな通路、曲がり角、広場に対して、一つずつ置いて行きました。

置いた後は、敵に見つからないように行動。見つかってしまって、手榴弾を投げられてはせっかくの罠もすぐに破壊されてしまうからです。

局所防衛位置は、GRFならば、Cプラント・Eプラント。EUSTならば、Aプラント・Bプラント。敵の侵攻具合にもよりますが、特にCプラント・Bプラント前の入り組んだ地形は、最大の防衛場所であり、罠の仕掛けやすいポイントでもあります。リペアポットが設置されているのも◎で、持続的に、マインの散布するのならば重要拠点と言えると思います。

狙撃銃は新式を使用。出会い頭の戦闘や、敵へのプレッシャー、止め刺しなど、中距離で使える能力を利用しようと考えたからです。

千鳥先生は、GRFならEプラント付近。EUSTならば、Aプラント付近の屋根や高台に配置。自身の位置から見えるような場所がポイント。

敵:「こんなところに置きやがって…」

と攻撃してくれるような位置に配置します。レティクルの多段Hitを確認したら、すぐさま敵を狙撃。千鳥先生を囮にし、守りながら、敵撃破を狙います。

・結果…(GRF側で)

トラップによる防衛ラインに突っ込んできた敵を次々と撃破~ww

投げては回復し、投げては回復し…。ww

特に、角に設置されたジャンプマインが多くの敵を葬り、Cプラントは常に味方占拠の状態を保てたと思います。

防衛ラインに敵が来なければ、新式の出番。引き籠る敵への攻撃、味方の援護、敵陣への破壊工作など、マルチブルに動きます。

もし、敵に発見されたとしても、速やかにトラップゾーンへと誘います。誘われない敵は、勿論、新式で排撃。バンバンと体力を減らして牽制します。

ポイントは、設置砲台を活用すること。新式なので、ある程度は接近戦もこなせますが、やはり火力不足は否めません。「敵が近付いた=砲台で攻撃する」ぐらいの思考で砲撃を選択したほうがいいかも知れません。

とにかく、

「全ての武器をフル使用する」

「使えるものは全て使う」

この二つを今後とも心がけていきたいですね~ww

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

« この数カ月を振り返って | トップページ | 光学迷彩情報 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
あるものを最大限に活用するのは戦の鉄則ではありますが、
狙撃兵装での七色戦法が一番テクニックを求められそうですね。
茨の道でしょうが、がんばって下さいw

話題沸騰のステルスがどう作用するか・・・
今後が楽しみですね!

あけおめ~。
ことよろ~。
相変わらず「狙」には慣れませんが、グラスラへの道が見えたのでボチボチやってます。
あと少しで何時も逃すんですよね~。(^_^;)

>>でんちゅうさん
やはり、歴代の狙撃兵の世界を覗いてみると、
「局所防衛」
「指揮系統」
「様々な武器の使用」
と、
「戦場において基礎であり、重要なこと」
を可能な限り実践し続けて、
「歴代と呼ばれるようになった」
という記録が多いですね。
その歴を見ても狙撃兵の道は確かに茨!
しかし、彼らの道を見て改めて「狙撃兵」を目指そうと思いましたねWW

>>ブレイズさん
グラスラですか〜WW
狙撃が最大の鬼門ですね…。
オススメは、
「ブラストを倒し続ける」
ですが、それはやはり限られた時間では難しいですよね…WW
ここでは、マップにもよりますが施設破壊に従事することをすすめますWW
改なら、時間もかからずに施設破壊しやすい上にブラストへ狙撃も出来るので、そちらを使ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/32819541

この記事へのトラックバック一覧です: 狙撃兵って…?:

« この数カ月を振り返って | トップページ | 光学迷彩情報 »