フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 終わりの始まり | トップページ | 最前線=狙撃、重火力?「あるぇ?強襲は???」 »

新・採掘島への考察

勿論、今日もボーダーブレイクww

本日から、

「新・採掘島」

ですね。アスレチックのおかげで、

「ポイント減少は必至…、か?」

と思われましたが、如何に…?

・B仕様は伊達じゃない

全体的にアスレチックの内容が変わってますね。

まず、両軍のプラント位置から…。

基本的に全面的に前に出てますね。この辺りはB仕様と言えます。

ポイントはやはり、Cプラントの位置。

給水塔の真下に再設置されたこのCプラント。

地形は比較的に開かれており、遮蔽物はプラントを挟み込むように配置されたコンテナと身を隠して占拠するには難しい…。

リペアポットを内包し、設置物は両軍ベース側に向いたカタパルト、および給水塔頂上へのリフト。これらを利用すれば、長い間の前線維持やベース攻撃・防衛を行え柔軟な対応が可能になります。

おそらくこのマップ最重要プラントであり、

「これを取られる=主導権を握る」

と言っても過言ではないと思われます。両軍は可能な限り、このプラントを防衛、あるいは奪取することが勝利への一歩、ですね。

前回のマップと違って、やはりスピード感は違いますね。設置物やプラントの配置に変更によって、(EUST側は)コア凸も充分しやすいと思いますし、何より、今回は、

「Cプラント」

の存在感によって、

「その他のプラント奪取も狙いやすい仕様」

となっているため、その辺りも念頭に加えてよく吟味する必要がありますね。

・Bの仕様が与えたもの

それは両軍陣営の

「それぞれの役割と攻め方を定めた」

ということですね。

基本的には、

「Cプラントの攻防戦」

が最大の作戦内容ですが、それにより生まれてくる両軍の役割が大きくことなります。

いうなれば、

「サブミッション」

ですね。それにより、大きくコア凸につなげることが出来たり、全プラントの自陣化も可能になると思います。

EUST側:

Cプラント攻防戦を利用した、

「コア凸重視」

ですね。Cプラント付近には、敵・味方ともに激しい攻防戦が繰り広げられます。

そのため、反対側の倉庫方面はフリーになる可能性が比較的高めです。これを利用して、敵陣への侵攻、工作、オセロを行い、Cプラントへの揺さぶりをかけます。

また、地形特性として、EUST側の守りは比較的に硬いと言えます。特に前線Bプラントの存在は、敵のコア凸を妨害するには十分な位置取りがされており、攻め入る隙を与えません。

ただし、

「ベースへの守りが硬い」

ことがあげられるだけで、Bプラント自体の防御は、

「貧弱かつ危険」

であると言わざるを得ません。Cプラントから湧き出る敵による攻撃は苛烈であると思いますし、給水塔からの直接援護はBプラントの味方を容赦なく攻撃できます。

これらを解消するためにも、とにかくCプラント奪取を目指した様々なアプローチが必要であると言えます。そのため、各機には、状況に応じた個々の活躍が望まれます。

GRF側:

Cプラントに比較的近い陣形なので、奪取自体は難しくないと思います。

ただし、その後の手詰めが大きな課題。

敵のプラントが前衛に配置されているため、それらを越えてからのスネークは不可能に近い…。敵にはコア凸するためのルートが多く、時間を許せば、その分ベースへの危険性を与えることになります。現に敵のコア凸を一気に四機も許してしまう出来事が…^^;

それには、各機はCプラントの防衛に従事しつつも、反対側の敵突貫ルートに注意し、プラントを持続的に攻撃していく必要があります。

狙いは敵の主要拠点Bプラント。ここを奪取出来れば、リペアポットを利用することができ、大きく勝利に向かうことができます。

その為には、まず敵のガンターレットを奪うことを意識して戦うとよいと思われます。Bプラント付近に設置されたガンターレットは、直接プラントを狙うことも可能です。これを味方につければ、戦力は一気に上がり、Bプラント奪取は確実となります。

各機は、この行動を遂行、もしくは、援護を行うことが求められます。

・全体的に

攻略難易度は前回の採掘島に比べると落ちたとは思います。前回は、

「ハマれば強い」

だったのに対して、今回は、

「柔軟な発想」

が重要であると思います。そのためには、

「積極的な防衛」

も、アリだと思います。攻めるだけに従事していては、敵は防衛に回り、その分、味方の侵攻は停滞、

「逆にその隙を敵に突かれる」

可能性が高いです。特にGRF側は、突貫を許しやすい陣形構成になっているので、

「Cプラントを奪取しても油断してはならない」

と言えますね。前線過多になっているようならば、一度ベースに戻るぐらいの余裕はあってもいいのでは?と思います。なぜなら、どの試合でも、制限時間の半分以上の間、

「D、Eプラントには全く工作されていない危険な状態」

がずっと続いていました。それだけ、味方の目は、

「Bプラント!Bプラント!!」

だったわけです。逆に、敵側も「Bプラント、Bプラント!」わけですが…。

とにもかくにも、

「様々な兵装・戦法が生かせる」

作りになっているので、

「こ、こんな戦い方?」

や、

「こ、こんなルートが?」

と、発見目白押しですね。おそらく、マップの作り自体はどのマップよりも

「良作」

ではないかと思います。

« 終わりの始まり | トップページ | 最前線=狙撃、重火力?「あるぇ?強襲は???」 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/32852590

この記事へのトラックバック一覧です: 新・採掘島への考察:

« 終わりの始まり | トップページ | 最前線=狙撃、重火力?「あるぇ?強襲は???」 »