フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« やはり……… | トップページ | 基本を思いだしました。「狙撃するだけが、戦いじゃない!」 »

遠雷…。

まずは、

コメント遅れて申し訳ありません(人><。)

各記事のコメントレスしましたので、またご覧ください。

・遠雷。

昨日に出会った高ポイントの砂さんを見て、

「遠雷使ってたけど…」

と思って、久々に装備して戦場に行ってみました。

補助は、コア凸警戒用の信号弾、兼護身用のマーゲイ・カスタム。セントリーは、高威力のACを搭載。特殊は勿論、光学迷彩。機体構成はいつもの通りの5522で出撃。

序盤プラント無視はいつものことなので、高台行きのカタパルトから発進。さっそく狙撃に移ります…。

すると、「こ、これは!」

「重火力が首を差し出している(榴弾を構えている)ではないですかッ!!」

成程と、ここで理解しました。絶好の狙撃場所…。両軍は正面決戦の戦いが基本です。そのため命中率を重視し、しゃがみによる射撃を行うプレイヤーが多い。ここはそんな敵を撃破するのにはちょうどいい場所だったのです。光学迷彩によって殆ど相手の発見を許さないところが更に射撃の安定性を高めていました。

さらに、この場所はコア凸ルート線上なのでコア凸警戒も出来て、一石二鳥です。

もし、攻撃されてもコア凸は阻止でき、光学迷彩で生存率アップ。攻撃されなくても狙撃形態に移行することができたり、マーゲイで信号弾を撃ちながら迎撃すれば凸率も格段と減少します。

「確かにこりゃ強いな」

と感じながら、HSを決め続け、

「全戦闘での平均ポイント100」

を叩きだしました。下がっていた士気とCPが完全復活しましたね。

・マーゲイ+頭部:シュライクⅤ型

これはいい組み合わせだと感じました。最大距離でのロックは、弾自体は殆ど当たらない距離なので、ここからのマーゲイ攻撃は無意味ですが、

「ロックによる警戒用の信号弾」

として使うには十分すぎる能力だと思いました。高台ラインを越え、コア凸を狙う強襲に合わせてロックオンをすることで、

「警戒情報」

を味方に通達することができます。光学迷彩を使ってロックするので、安全に偵察機の代わりとして使用できますし、

「距離が近ければダメージを与えてプレッシャーを与えることも可能」

なので自身がセントリーの代わりのように…、ということも可能ですね。

味方のリターンが集中するスカービーでは効果が高い方法であると思います。

・マーゲイのAIMを…

しかしながら↑の方法では、

「ある程度のダメージが与えられなければ…」

ということが一つあげられますね。大きなダメージを与えれば与えるほど、味方は敵を破壊しやすいわけですし、更に戦闘補助のポイントが得られるわけです。

今後はエイム向上のためにもマーゲイによる攻撃を心がけたいと感じました。

« やはり……… | トップページ | 基本を思いだしました。「狙撃するだけが、戦いじゃない!」 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

ロック警戒は有効ですが、
距離によっては「もう手遅れ」となることも多いですね。
支援でベース防衛してるときに似たような事を感じました。

意外と自動砲台の修復も有効ですね。
砲台が射撃している様子から敵の位置が割り出せます。

ちなみに、
渓谷はセンサー不要と判断したのでファルコンにしています。

どうしても中盤戦を防御していると、
「無理矢理コア凸されて…」
と言うことが多々ありますね…。特にマーゲイなどでは難しいと感じます。
なので最近は、光学迷彩で最前線でのダメージ取りを重視するようにしてます。
あとは、自動砲台や後方の味方にお任せWW
自動砲台の力は侮れませんね。回復大歓迎です。

偵察機は、このマップでは正解であると思いますね。コア凸ルート上に設置して細工を仕掛けるよりも、

「前線の様子を知らせていただく方」

が、安定した突貫を行えますし、狙撃出来ますしね。

…そういえば、この間、ベースに突貫してくる二機の敵を追いかけていると、

目の前で大爆発!

敵が四散しました…。どうやらリモートか地雷かが大爆発した模様。

思わずNiceを連打しましたね…………WW

支援の強さを改めて認識した瞬間でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/33134095

この記事へのトラックバック一覧です: 遠雷…。:

« やはり……… | トップページ | 基本を思いだしました。「狙撃するだけが、戦いじゃない!」 »