フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 採掘島、最終作戦開始 | トップページ | 弾薬を補給 »

光学迷彩の実用化へ

巷では、

エンフォーサ登場

も示唆されている今日この頃。

皆さん、採掘島をいかがお過ごしでしょうか?

・光学迷彩、実用化へ

トップ記事は間違いなくこれですね。

今まで試作型であった光学迷彩が、とうとう実用化された模様。

光学迷彩の利点である視覚偽装が更に高度になりまして、

「射撃時でも見えなくなる仕様」

に生まれ変わったようです。これで安心して射撃体勢を維持出来るようになりますねww

ただし、持続時間や回復時間は試作型よりも効率が悪く、より機体調整と扱い方を検討していく必要があるようです。

また、莫大な素材量も問題点の一つとしてあげられると思います。特にニュード集積体5個、奇襲章7個が大きなネック。前者はレアアイテム、後者は難易度の高い章であり、入手しづらく、使いづらいと大変あつかいづらい物品です。

…余裕があったら欲しいとは思いますが…。集積体は、流石に使いたくないですね~。

・エンフォーサ情報

ホビージャパンに情報が掲載されたそうですね。

実際の記事を読んだわけではないのですが、近日UPの予感がネット上でまことしやかに流れているようです。

形的に丸い感じ?らしいです。画像を探していますが、見つかりません…。

セットアップボーナスは、ブースターアップ。これは、ちょっと期待してます。どの程度になるのかは分かりませんが、面白い能力であることには間違いありません。

にしても、クーガー系の未来は一体どうなってしまうのか…。個々の細かいパーツを見れば一長一短ではありますが、全体的にまとめてみると、

「クーガーの上位=エンフォーサ」

という感覚が…^^;

詳しい能力詳細はボーダーブレイクWiki参照にてお願いします。

・海外進出?…それがどうした。

海外進出云々を公式HPのブログであげてましたね…。これには流石に、セガさんに一言物申したいですね。

「人間性=国民性」

はあながち間違いではありません。その国、独特の文化圏が人間性を構築し、その中でルールがあるからこそ、

「繋がりを上手く調節できる」

わけです。そういう意味では、様々なリアル世界の情報を網羅しているネットの世界は、

「混沌に満ち溢れている」

と言っても過言ではありません。分かり逢えるためには大きな障害がいくつも残されているわけですし、今も尚、それが解決されたとは大きく言えません。

それでも私たちがネットの世界と繋がりを安心して保てるのは、

「規範されたルールが存在し、そのデバイス源が、確立されているから」

であり、つまり、

「世界との繋がりを調整出来るようなシステムが構築されている」

ためであると言えます。

果たして、現在のボーダーブレイクに、

「そこまでのシステム構築が進んでいるのか?」

と言われてみると、間違いなく答えは

「NO」

ですね。ポイントの問題(ここが一番大きいと思いますが…)、サーバー障害。更新期間のスパンが長く、一回のパーツリリース数も一個と極端に少ない。

ユーザーニーズを満たしていない状況でありながらの、外部システム拡張は、流石にお粗末としか言えない気がします。

こんな状況で海外進出?規模を大きくすれば細かいところはOK?

それじゃあ、ユーザーは着いて行きませんよ?

目先の利益にとらわれて、長いスパンの計算が出来ないようでは、

「先が思いやられる」

と思いましたね…。今回の海外進出は、

「完全にセガ側の自己満足にしか過ぎない」

と断言しますよ。

« 採掘島、最終作戦開始 | トップページ | 弾薬を補給 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

海の件については・・・
メーカーによる、大規模な「市場調査」と置き換えて
とりあえず理解しています。納得しているかどうかは別として。
何せ企業なわけですから、
いろいろと求めるべきものもありますしね。

執拗なFFみたいな目を覆いたくなるような現象が散見するようなら
考えが変わるかもしれませんが・・・
今はまだ中立です。

 向こうでのプレイ料金がどれ程か分かりませんが・・・こちらと同程度なら

「教育水準の高い人」

しかできないかもよ?という感じなのかもしれないですね、PC用だとまた話は変わると思いますが・・・教育水準が高い可能性があるということは昨今の状況を見ていると相手が合わせる形になるのかもしれないです。
 とりあえず強襲の特別装備が欲しいね・・・と思ったえびはらでした。

>>でんちゅうさん
市場調査ぐらいの感じならいいんですけどね…。
ユーザーニーズに答えてもいないのに、
「やりきった」
と思われるのは流石に頂けない所なのです…。
セガさんには大きく期待を寄せているだけに、
「そこで満足…?」
という感じがどうしてもするんです…。そんなことでは、
「ユーザー離れも加速するぜい」
と…。
そういう意味では今後の動向に心配しています。

>>えびはらさん
確かにあちらのプレイ料金については全く考えていませんでした…。
相手が合わせてくれるのであれば、少しは安定するかもしれませんね~。
ただ、ポイントン厨や勝利厨の分かれ目が未だ存在している現BBの環境で、
「第三介入によって、プレイ自体の質が…」
という懸念があります…。それが一番、怖いので、その辺りのシステム改善(例えば、ポイント増減幅の見直しなど)を是非してもらいたいな、と思います。
強襲の特別装備…、槍やグレネードや新型AC…、何時になったら出るんでしょうね…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/33223855

この記事へのトラックバック一覧です: 光学迷彩の実用化へ:

« 採掘島、最終作戦開始 | トップページ | 弾薬を補給 »