フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« さあ、無印狙撃銃の時間だ | トップページ | カラオケ! »

「再起動」。そうすれば勝てるなんて、「大間違い」

採掘島Bになりまして、二日立ちますが、皆さま調子はどうでしょうか?

私の方は、まずまず狙撃を頑張っております~。

しかしながら、採掘島での狙撃はやはり難しいですね~。

無印くん、しっかりと活躍させるように頑張ってますよ。

・無印くんの威力

やはり取り回しの良さは、相変わらずですね。

威力は低いですが、味方との連携がかみ合えば、最高質の能力を発揮できる銃であると感じました。

とりあえず、B3昇格まで、無印くんを全面的に使用してみたのですが、

「平均100pt以上」

の試合がザラでしたwwww

とにかく、HSが確実に出来るようになれば、上手く使える美味しい銃であると思いますね。

HSができれば…。

・セントリー先生の活躍

先生が地味に活躍しておりますww

Cプラントに設置しているのですが、

「うまい具合にガリガリと削ってくれる」

感じです。この採掘島では、

「セントリー先生の配置に拘りたい」

と思いますね~。

・再起動すれば、勝てるとでも?

ここからは、多少、愚痴くさくなりますが…。

この採掘島Bにマップが変更されてからと言うもの、

「どうも支援兵装が多い」

ように感じますね。支援兵装が過多になること自体は、なんら文句は無いのですが、

「本来の仕事をしている人がいるのか?」

と言われれば、大きく疑問を感じますね。例えば、本日、私が再起動された数は、

「一試合中に2~3回」

でした。多い時は、「四回」という試合も…。

再起動自体に文句は言いませんが、

「再起動…、考えずにやってないかい?」

というのが正直な感想です。どこもかしこも、貢献ポイントだけが多い支援機が多く、

「戦闘=0、占拠=0、貢献=108」

の支援機さんも見受けられました。まあ、個人的にちょっと…、そんな感じですね。

回復自体は大いに結構です。

味方を回復させることは、前線を支えることであり、

「前線維持、長距離航行」

を可能にします。どんどん、回復を行っていくことで、前線は息を吹き返し、士気上昇も期待できます。なので、回復は、

「どんどん、行うべき」

なのです。しかし、

「再起動になると少し事情が変わる」

と思います。と、いうのも、リスボーンによるメリットとデメリットを比較すれば、分かって頂けると思います。

☆リスボーン時のデメリット

前線枚数低下、それに伴うラインの消失

全体的な味方の生存率が下がる

場合によっては士気低下

☆リスボーン時のメリット

状況に応じた適切な兵装変更が行える

体力、弾数のフル回復

重要拠点からの再スタートにより、意識をそちらに向けることができる(ベース巡回など)

つまり、リスボーンをするということは、

「状況確認などの体勢の立て直し」

が出来るということであり、

「ゆとりと余裕を持つ時間の提供」

である、と言えると思います。

実際に考えてみると、

「弾数が無く、自身の戦闘ラインに充分な戦力が整っているわけでもないのに、再起動される」

よりは、

「全ての体力、武装のフル回復(また、兵装変更)した後、ベース巡回+状況把握」

となった方が、

「ずいぶん建設的である」

と言えるのではないでしょうか?

「目の前は敵だらけ、逃げる場所もない。自分のptのためだけに前線に立たされ、すぐに撃破されてしまう」

そんな状況、皆さんはどう思うでしょうか?それは正しく、

「生き地獄」

では無いでしょうか?

再起動をすることを選択するのならば、

「この人のために本当になるのか?」

を、一瞬でもいいので考えた方がいいように思いますね。

・所で…

支援機の人が、

「索敵センサーを設置」

してくれました。左足に蒼い発行体を発する物が取り付けられた時は、

「うん、君の(ptの)為に頑張るよ!!」

と、突貫して参りました。開始数秒で敵の団体さんと遭遇し、

「一瞬で撃破…」

全くもって、すいませんな状況になってしまいました…。

なんだかテンションが上がったのは、私だけでしょうか…?

« さあ、無印狙撃銃の時間だ | トップページ | カラオケ! »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

支援メインでルーパーになり、今は多種多様に使う事を目指す者です


再起動
確かに再度死ぬだけの時も多々ありますね
やりもしましたし、私もされた事も有ります

腕がHGやツェーブラで武器変更で切り替える癖が付いている場合
NG押した相手も間に合わずに再起動させてしまう事がありました


最近では再起動が不要の場合は、【撃破されたら直ぐNG】を心がけています


間違い再起動は、少し減った気がする程度ですが…
無いよりマシはマシと考え、空気読んで貰うより先に主張をしてます

お互い良き戦場で合えることを願っています

それでは

いろいろと議題にのぼることが多い再起動・・・
この話になるたび「支援が妨害になってるってのは皮肉だな」と
ひとり苦笑してたり。

私はよほどのネクロでなければNG押しませんね。
あまりNG連打しても味方にネガティブなイメージが
伝わってしまいますしね。

それよりも「キルコンボが切れなくて良かった」
程度に割り切って、エリア移動やACで
リペポに駆け込んで弾を補充することにしています。
これはフル修羅でほぼフル麻
(エリア移動が早く、兵装を換えない上、補助装備の弾込めが不要)
な私だからかもしれません。

もっとも、「考えて再起動して欲しい」というのは一緒ですが。

>>CN休日ヌルプレイさん
再起動自体は全く否定はしませんが、
「その有用性を考えず」
かつ、
「自身のptのことを考えてるだけ」
ならば、ちょっと…、と思いますね。
支援機を支援機で、狙撃機を支援機で起こすのは…、
「支援機=偵察系、狙撃=セントリー」
があるので…。
それでも起こしてくる人はいますからね…^^;

>>でんちゅうさん
狙撃機もそうですが、
「後方支援機は、使い方次第」
の感が強いですよね。
どのような方法であれ、
「身勝手な使い方は、嫌われる」
わけですよね…。それゆえ、後方支援機こそ、
「良く考えて動く必要性」
があるわけです。しかしながら、
「それらを一つも考えて乗る人の少なさ」
がやりきれないように思うのです。

…この問題はどうしても解決しないのは分かっているんですけどね。
自身が、動きを考え、それらを提示していくしか方法がないですしね…。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/33801727

この記事へのトラックバック一覧です: 「再起動」。そうすれば勝てるなんて、「大間違い」:

« さあ、無印狙撃銃の時間だ | トップページ | カラオケ! »