フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« ヴェスパイン入手。しかし… | トップページ | 今日は一言だけ… »

トライアドの正規運用、そして研究を開始

トラザさようなら~。゜゜(´□`。)ノシ°゜。

そしてこんにちは、採掘島C~!!ヽ(*≧ε≦*)φ

…と、テンション上げてみましたが、

「狙撃しづらいマップ」

になってしまいました…。せっかく、狙撃兵装の幅が増えたと言うのに…。

トラザで良かったのに…。

セガさん、久々に空気読みましたね。( ゚皿゚)キーッ!!

・局所防衛のために

題名、トライアドの事についてですが、

「あれ?ヴェスパインは?」

という質問は無しの方向でww

使おうと思ったのですが、この狭い採掘島では使い慣れていないこともあり、流石に使いづらい…。

狙撃兵装自体が使いずらいこのマップでは、やはり思った仕事ができなかったのです。

そこで局所防衛を考え、ヒット率を重視した、

「トライアド」

の運用に臨みました。

防衛点はEUSTなら、Bプラント周辺。GRFなら、D付近に。

ジャンプマインを避けたら、セントリーに攻撃されるように工作を施し、トライアドの命中率で揺さぶりをかけます。

・トライアドの体感能力

フルエッジで使用しました。リロードは遠雷と同じなので、かなりの高速攻撃が期待できます。

攻撃力はやはり、低めではありますね。

三本中の一本を当てたところで、あまり効率的なダメージは与えられません。また、装甲厚が高めな部分に当てても、充分な重みのダメージにはなりません。

如何に本数を効率よく当てるか、そして、低い装甲の部分に当てるのかですね。

また、倍率が大きいのも少しマイナス。能力的には新式などの中間支援戦闘に近い形の武器なので5倍の倍率はキツメな感があります。これが、四倍程度ならば…。そう思う時も少なくはありません。

しかし、三本ものレーザーを発射するという、その攻撃性能から相当の命中率を誇ります。連射による様々な撃ち分けが可能なのも大きな利点。

特に撃ち分けが出来るのが大きいと思います。射撃姿勢、ストローク時の標準調整などで多目的に撃て、自由度があります。

使い方次第では、様々な運用ができる万能銃であるように感じました。

・射撃姿勢、標準調整で弾道が変わる

先程も上げましたが、トライアドの最大の特徴は、

「射撃姿勢、標準調整で弾道が変わる」

これにつきます。三本のレーザーを発射することができるトライアドは、それぞれに独自の判定を持ちストロークから射出までの間の、

「手ブレ、レティクル集束率、標準調整が一本一本の弾道に影響を与える」

性質を持っています。つまり、トライアドは、

「ストローク時の動き一つで様々な動きある弾道を生み出すことができる唯一の銃」

であると言え、姿勢や弾道制御こそがこの銃の威力や扱いやすさを決定しているとも言えます。

基本的な弾道形成については、以下の通りです。

①姿勢

立ち=拡散(+)

しゃがみ=集束(-)

②レティクル収束

短い=拡散(+)

長い=集束(-)

③レティクル制御

振る=拡散(+)

制止=集束(-)

つまり、これらを組み合わせると、例えば、

①(+)、②(+)、③(+)だと、

「攻撃範囲の広い三本の拡散レーザー」

になり、命中率を重視した攻撃ができます。また、

①(-)、②(-)、③(-)だと、

「集束する一点集中攻撃のレーザー」

となり、遠距離の敵までしっかりと攻撃できる弾道を形成出来ます。

この三点の組み合わせによって、様々な性質のある弾道を作り出せるので適材適所な弾道を撃ちこめるようになると、使いこなせるようになるかも知れません。

・しかしながら、まだ未解決な点が…

気になる点が、二つあります。

①一本一本判定があるということは、リコイル影響があるということ。ということは、腕の反動性能でも何か影響があるのか?

②集弾率も関係してくるとしたら、頭部の射撃補正値も関係があるかも…?

です。これらは、パーツに影響してくる部分なので、

「今後とも要研究」

で見ていきたいと思います。

« ヴェスパイン入手。しかし… | トップページ | 今日は一言だけ… »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

 狙撃ライフル版・・・サワード・バラージ・・・という感じですね、しゃがんで収束させて

「一撃のダメージを増やすか」

それとも

「ショットガンのように『当ればいいや』」

的な運用ができる・・・と思うと面白い銃なのかもしれませんね・・・ってでも基本概念を無視した

「アブノーマルな銃ね(ほめ言葉)」

という感じもありますね、私の方は凸専のお嬢でタイミングを見計らって・・・38改で練習します。

ついにやって来た弾幕系。

しかし・・・
一撃必殺でないのなら果たしてどこに付加価値を見つけるか?
という疑問は尽きません。

狙撃の常識を覆すことが出来るか、ドライアドさん?
今後の研究に期待ですね。

>>えびはらさん
異質な物こそ、
「使い道次第では」
ですよね。
勿論、
「吉凶のどちらか」
しかありませんが…。
どちらに転がっても、必ず、
「良い部分を探し出す」
と心に決めています。

>>でんちゅうさん
楽しみがまた増えた…、今は純粋に研究が楽しいです。
新たな発見、可能性。
しっかりと掴んで行きたいと考えています。

とおりすがりの者です。

トライアドは相手の頭上から、脚へむけて振り下ろすように使っています。

一発でも頭部に命中すれば、三発命中(一発頭部)の場合。
9000ダメージが入ります。

それでは。

>>beltz
どうも、いらっしゃいですww

トライアド、命中率を高めることができれば、攻撃力も高められる非常に面白い武器ですよね。

硬い敵には相当、キツイですが…。使い方次第では非常に面白い武器なので、今、注目しています。

今後も、是非是非、遊びに来てください。^^ノシ


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/34301181

この記事へのトラックバック一覧です: トライアドの正規運用、そして研究を開始:

« ヴェスパイン入手。しかし… | トップページ | 今日は一言だけ… »