フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 強襲の動きを今一度考える、基礎を叩き直す | トップページ | 残り100秒。この時間で狙撃を出す。 »

勝利が欲しい。そのためのアプローチを強襲で見出す!

…どうも、ptは要らないと思い始めました。

それよりも、

「勝利が欲しい」

そう願うようになってきました。ランクに関係なく、

「相手を翻弄するプレイヤーになりたい」

今まで追いかけていた目標がようやく姿を現したように思います。

・コアを敵と思う

潜入よりも、強行突破を重視して戦いを進めました。

とにかく、カタパルトに乗り前に前に進みます。

相手を相手しない…。進むことを第一に考え、敵はコアと考えました。

コアを攻撃するにはどうするか…、コアを攻撃するには何処を通るか…、コアを攻撃するにはどう攻撃するか…。etc...etc...

・強襲攻撃で翻弄する

強行突破後は、敵を撹乱するか、プラント強襲をするか、コアを攻撃するかを選択。

敵がついてくるようなら撹乱、プラント強襲を視野に入れ、追われなければコアを攻撃します。

とにかく最前線で動き回るのが大切。一人でもいいのでとにかく釣れば、前線が上がる可能性が出てきます。

そこを利用して重要拠点である、A、Bプラント、C、Eプラントの味方占拠をもくろみます。

・敵撹乱は三択用意する

カタパルトを利用した敵撹乱を考えた時、以下のような三択が生まれてくることに気がつきました。

①コアへ攻撃する

②プラントを占拠する

③ゴー&リバックを繰り返す

基本は三番で。繰り返せば繰り返すほど、相手を足止めすることができ、非常に多くの敵をひきつけることが出来ます。

ちなみに、この方法を使って、AB戦、しかも格差戦にて五人ほどを釣りました。私はBランカー重視の所でこれを実戦したのですが、始終優勢だった敵の攻撃がぱったりと止ませることに成功しました。さらに最終的にこちらの手数の多さで勝利したことを添えておきます。

コア攻撃は、釣られ切った相手に対して行います。こちらの動きに合わせて攻撃をけしかけてきた敵に対し、敵数が少なかったり、動きが鈍かったり、味方が加勢すればこちらを選びます。

プラント強襲は、待ちに徹する敵に対して行います。増援が怖いですが、こちらが飛びだしているのを待っているのならば、プラントを強襲して煽ってしまおうという魂胆です。プラントの色が変わらなくても、灰色にしてしまえば、敵は焦って取り返しにくるに決まっています。そうなれば、撹乱戦法を主とするこちらにとっては非常に好都合です。

・カタパルトのゴー&リバックを利用した利点

まず一つは、敵を引きつける効果。うまく引きつければ引きつけるほど、敵を足止めすることができ、かつ前線の動きが変わります。

また、コア攻撃、プラント強襲、繰り返しの三択を相手に対して提示することが出来るのも大きな点の一つ。うまくいけば、増援や敵の露払いも出来ます。

さらにもう一つ。SP回復の時間稼ぎをすることが出来るという点があります。カタパルトを利用し続けることで使ってしまったSP残量を回復させ、一度きりのコア攻撃に全てをかけます。

相手を引きつけながら、コア攻撃チャンスをうかがう。これが利点であると思います。

・最前線に居続ければ、味方ラインが上がる可能性が増える

いかに最前線で敵を引きつけながら生き残るか…。生き残る時間が長ければ長いほど、味方のラインが上がる可能性が高まります。

また、数で押すことができれば、戦闘能力は低くとも相手に勝るコア攻撃を繰り出すことが出来ます。

これらを繰り返すことで、士気が上がって行くはずです。

士気が上がれば味方が前に出てきて、コア攻撃も容易となり、難しい防衛も相手を挫く力になります。

士気を上げる…。この原点回帰が私の中で日々重要度を増していると思います。

・ptは貰えない…

しかし、この仕事は決してptが増えるものではありません…。囮は所詮、時間稼ぎであり、無双とは程遠い戦法。囮を行ったからと言って、ptは増えないですし、コア攻撃が成功しなければ殆どptは貰えません。

最小の動きで最大限の効果と勝利を。

これをモットーに頑張りたいと思います。

« 強襲の動きを今一度考える、基礎を叩き直す | トップページ | 残り100秒。この時間で狙撃を出す。 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/34695705

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利が欲しい。そのためのアプローチを強襲で見出す!:

« 強襲の動きを今一度考える、基礎を叩き直す | トップページ | 残り100秒。この時間で狙撃を出す。 »