フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 僅差で敗退… | トップページ | 勝利が欲しい。そのためのアプローチを強襲で見出す! »

強襲の動きを今一度考える、基礎を叩き直す

所変わって、BBネタを。

機体をシュライクⅤⅤⅡⅤのまま、ヴォルペ・41・デ剣・ACの強襲装備を使用して戦いました。

今日はコア凸を重視してみたかったのです。

・基礎を考え直す

狙撃は一時的に封印することにしました。

というのも、お話したとおり、最近スランプ気味です。^^;

これを打開するためには、

「基礎的な要素である戦略戦術」

を考え直す必要があると思い立ったのです。AIM力を上げたり、立ち回りを考える訓練だけでは、

「限界である」

と思い、その限界点が今のスランプにつながっているのでは…?そんな感じに思ったのです。

そこで、強襲兵装+王道装備を使って、

「自身の戦略戦術の見直し」

を図ることしました。

・戦略戦術…?

つまりは、

「ただコア凸するにも、どうやってルートを切り開くか?」

や、

「敵を陽動する方法。実践した時の程度効果を推し測る」

ことを考えてみました。戦闘技術などの開発よりも、

「戦場に影響を与えるにはどうすればよいか」

を考える事にしたのです。

・事例1:占拠による効果を試す

占拠による効果を測定しました。ただ占拠する、というのでは強襲としての技能を果たしたとは言えないので、

「如何に相手の陣地に侵入して後衛プラントを取るか」

を考えました。敵の固まりを避けて通る考え方や、それらを排除・牽制する立ち回り。そして生まれた隙で如何にしてくぐるか。

占拠出来なかったにせよ、その間は敵が占拠プラントに集るのでそれを利用して更なるコア凸のルートを作り出す。今回はベース前カタパルトが二つあるので、どちらかに敵を振るか押し込めば使用可能で、場合によってどちらを取るかを考えました。

場合によっては破棄が前提で取りに行くことも考えました。半分までひっくり返したら後方に下がって、突撃開始。手薄くなった部分を攻めます。

・事例2:陽動を考える

プラント占拠による陽動は勿論のこと、

「敵集合体に対して陽動をかける」

ことを考えてみました。例えば、敵の団体に向けて突撃し、41を地面に投げながら敵の後方へと走り去る。

結構基本的なことですが、

「やっているかと言えば…」

と茶を濁すような答え方をしなくてはなりません。というのも、

「中途半端に反転して、結局釣れない」

ことも多く見られていたからです。今回は、わき目も振らずに逃げまくることを考えました。

逃げ切った後は、とにかく帰還を重視。相手に対して、

「釣られた」

という考え方を持たせたかったのです。ライン制御をされているという考え方を持たせることで前線をかき回し、プラント攻撃やコア攻撃の隙を作り出す。

下がれば、プラント攻撃。上がれば、コア攻撃といった感覚で戦います。それには、しっかりとレーダーを見て、味方の固まっている部分と統合して見るようにしました。

・事例3:コア攻撃に際して

まずは、41をどの時点で投げるかをしっかりと考えるようにしました。

例えば、緊迫のコア攻撃に際して、3発全て投げ込むのはかなり至難の業です。

ならば、一発だけを残し、如何に残りの三発を有効に活用するか…。これを考えました。

例えば罠解除。ベース内に41を投げ込みマインを解除。攻撃の足かがりとします。

またカタパルトを利用して戦うことは必至なので、飛ぶ前に一つだけでも投げてから飛んだり飛んだ後に投げてその上を通るようにしたり…。とにかく追手を振りはらう方法を考えました。

次にどこから侵入するのかを考えました。敵に対して真正面から切り込むのではなく、迂回してみたり、立ち止まってみたり…。

侵入口を考える事で敵への揺さぶりをかける事を考えました。味方援護の一貫としてやってみることにしたのです。

・課題…

今後の課題としては、

「強襲方法を考える」

ことです。コア凸一つでも、強行突破するのか、それとも潜入で行くのか…。

そしてその先ではどのように立ち回るのか。これを考えたいです。

つまりは、強行突破の効果測定と有効性、それの応用性を引き出したいと思うのです。

また、相手を攻撃、撃破した時の穴を利用した攻め込みも考えたいと思います。

敵のリスポーン時間を利用した戦い方。これを考えることで大幅に有利になるのではと思ったのです。

明日のBBから、また研究の日々が始まりますww

« 僅差で敗退… | トップページ | 勝利が欲しい。そのためのアプローチを強襲で見出す! »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

意外と有効なのが、凸パルトのあるAorEプラを機能停止だけして
敵の注意をひいてカタパ直インの流れ。

特に現状では奇襲章狙いのプレイが増えているので、
相手の裏をかきやすいです。

Aプラはガンタレで消し炭にされやすいのが難点ですがね・・・

>>でんちゅうさん
私もカタパルトを利用して、ゴー&リバックを繰り返していますよ。
これを繰り返しながら、味方の増援を待ちつつ、コア攻撃、プラント強襲の二択狙いでやっています。
もちろん、敵の防衛が甘いようなら直インもしていますww
この方法が上手く行って、敵コアを一瞬で半分以下にする試合もありましたww
…ただしptが低いのですが^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/34678358

この記事へのトラックバック一覧です: 強襲の動きを今一度考える、基礎を叩き直す:

« 僅差で敗退… | トップページ | 勝利が欲しい。そのためのアプローチを強襲で見出す! »