フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 色んな意味で予測通り | トップページ | 覚醒した。 »

採掘島の安定した狙撃点は『存在しない』

採掘島A、運命のマップ。

私にとってはこのマップ程、苦しいマップはありません…。

というのも、

「3階級降格」

の挫ける散々な結果を叩いてしまったマップなのです。

…さあ、どうするか。

採掘島研究の日々が始まります。

・安定した狙撃点は、『存在しない』

もっと早く気がつくべきでした。

この採掘島には、

「安定した狙撃点は存在しない」

ということです。

と、いうのも、

「このマップは敵と味方の距離は近く、入り組んだ地形は、射線の消失と、接触ラインを縮める効果」

がある…。このマップでは特にその要素が強いマップなのです。

これこそが、狙撃の大きな利点である、

「長距離攻撃(オーバーレンジキル)の消失」

を促していると言えるのです。

・狙撃点は目に見えない所に存在している

ある程度の狙撃点は存在していますが、絶対安定の狙撃点は存在していない。これが採掘島の事実です。

しかし、そんな中でも「理論的に存在している狙撃点」も存在しています。それこそが、この採掘島狙撃の大きなカギになると思っています。

それは、

「味方の前線ライン」

です。

この前線ラインの見極めこそが、採掘島における狙撃にとって重要な要素であると思います。

狙撃の大きな利点は、長距離射撃。しかしそれは裏返せば、味方の助力を得る事が出来ない所からの攻撃とも言えます。

更に、こういった場所は絶望的な程、CSされやすい場所。また、敵に目視されやすい場所と相場が決まっています。

こういった場所が非常にキルゾーンになりがちな採掘島のマップ構成。

ならば、味方と同じ位置で戦えば、これらの死角を無くすことが出来るのでは…?そう思い至ったのです。

…具体的には、工作によって、セーフラインを作り出し、前線の防御能力を高めます。

セントリーは特に重要。これの存在により、相手への牽制を行ったり、引きつけを行ったりします。

マインはセントリーを防御するように配置。…あくまでもセーフラインの構築を意識した陣形で。

自身の配置位置は、とにかく味方ラインより後方。しかし、離れすぎず、近すぎず。ポイントは、少々、高い位置に座ることがポイント。

味方のラインを維持しながら、突出してくる敵や、後方でくすぶっている敵を撃ちます。

具体的な工作位置はCプラント付近が妥当であると思われます。ここを封鎖してしまえば、広域防御も可能ですし、敵も不用意に近づかなくなります。

・そういう意味では。

まるで漁場を探して歩くような感覚だと思います。

…ある程度、漁場を整備する必要性はありますが、

「ちょっとの整備で大きな効果」

を得られれば、非常に大きな戦果と影響力を手に入れられると思っています。

今後も要研究で頑張りますww

« 色んな意味で予測通り | トップページ | 覚醒した。 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

 昨日のニコ生で採掘島の話がありましたね、その人は

「凸麻支援」

を主眼にしていました、鉄橋やリフトの海岸付近の鉄塔でのスナイプを推奨していたと思いますね・・・後はマルキン式強襲という奇策しかないのかな・・・と思ったえびはらでした。

>>えびはらさん
最近では前線防御に主眼を置いてプレイしております。
孤高に戦うよりも、
「泥臭く、味方と手を取り合う」
方が、私らしい戦い方であるように思ったからです。
特に前線工作を頑張るようにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/35144402

この記事へのトラックバック一覧です: 採掘島の安定した狙撃点は『存在しない』:

« 色んな意味で予測通り | トップページ | 覚醒した。 »