フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« トラザ山岳Cマップを考察 | トップページ | ボーダーブレイク大量アップデート決定 »

強襲こそが、このマップ最大の特異点

トラザC、本日も攻略を。

かなり賛否両論なマップ構成ですが、

「EUST不利?GRF不利?」

も非常に疎ら。若干、GRF不利と言う意見が多いようですが…。

さあ、真相は如何に???

・「不利」…、なんて言葉あるのだろうか?

…と思ったのは私だけでしょうか。

両軍とも同じような状況下な気がします。

カタパルトを利用して戦うのは両軍とも同じ。

配置の仕方によって、侵攻ルートが多岐化している分、若干、GRFが不利と思われますが、

「それを利用するまでの長距離を移動を考えれば…」

イーブンかな…、と思います。トラザAでもあった、押し込み戦法は現在のGRFでも健在なので、そこを使えば不利な状況下も…、と思ってしまいます。

なら、どうして不利な状況下というものが生まれるのでしょうか?

・最大の特異点、それは「強襲」

これの運用の仕方、そして編成が大きく作用されるマップであるということが、

「このマップ最大の問題である」

ように思います。

特にCプラントのカタパルトの位置。

これをどう利用するかが大きなポイント。強襲で利用すれば、直接コア攻撃のルートに乗ることができ、繰り返せば非常に大きな効能を得る事が出来ます。

さらに、この直接的なコア攻撃ルートに乗るためには、

「軽量級である」

ことが重要。シュライクの軽さならばそれに乗ることが唯一出来ます。

…この部分が、

「スカービーに似ている形質を生み出している」

とは思いませんか?つまり、このマップは、

「立体的になった、スカービ渓谷」

であることが問題なのです。

スカービーを思い出して下さい。

「コア攻撃が出来れば勝ち→軽量型で攻める」

これが勝利の定石でした。

つまりこれを上手くこなせれば、非常に勝機を引き寄せることが出来るわけです。

・つまり…

強襲、シュライク、コア攻撃派が何体いるか。

これで戦場が大きく変わることが予測されます。

現に、計算した時、シュライク型が多い陣営の勝利数がやたら多いように感じました。

しかも丁寧なコア攻撃にそれを何度も繰り返してくるわけです。

地形の不利よりも、

「アセンからスタートの編成不利」

を気にするのが今回のマップの大きな重要点であると思います。

« トラザ山岳Cマップを考察 | トップページ | ボーダーブレイク大量アップデート決定 »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/35446585

この記事へのトラックバック一覧です: 強襲こそが、このマップ最大の特異点:

« トラザ山岳Cマップを考察 | トップページ | ボーダーブレイク大量アップデート決定 »