フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« トラザ山岳基地 ~月下の砲煙~ | トップページ | 広域索敵センサーをゲット »

最終兵器は「Bプラント」かも知れない…

……。

昨日は結構言いましたが、

しかし、トラザDである事に変わりなしww

とりあえず今は、このトラザをどう乗り切るか前向き検討で考えていきたいと思います。

・カタパルトを利用して縦横無尽に飛び回る(GRF)

やはり何と言ってもGRF側は、

「カタパルトを使用した高速移動」

を意識する必要があるでしょう。重要プラントであるCプラントを開幕高速占拠したり、多角的にコア侵攻してくる敵への防御手段として利用したりすると吉だと思いました。

特に防御面に関しては、

「Cプラントからベース前までカバーできる」

ため、非常に広範囲の防御を行うことが出来ます。

またCプラントはその地形の関係上、敵にダメージを与えやすいので、

「Cプラント→カタパルト→迎撃」

と言ったスタイルでも充分に間に合います。地形の高低差が相手の侵攻を阻むのに充分なものである、というのも非常に高いポイント。

また、ベース前のカタパルトは直通で動けるため、ガチムチ系のブラストでも充分前線に飛べます。そのため、特にベース前カタパルトを利用した攻撃線、防衛線はGRFの基本戦術になりえるでしょう。

攻め手を意識した戦い方が非常に有効です。

・最大の問題は侵攻スピードが遅いこと(EUST)

昨日もお話した通り、EUST側には

「ベース前カタパルトが存在しません」

ということで、必然的にGRFとは足並みが遅れる事になります。

また、厄介なプラントの一つ、Bプラントがそれに拍車をかけます。

これを取られてしまうと、非常に不利。断続的なコア攻撃を許してしまい、リペアポットは

「4pt系のオーバーアタックを許す」

ことになります。このため、EUSTは、

「初戦から防御を意識した戦い」

で相手の出鼻を挫き、隙を縫って攻撃をしかける戦法に従事するのが得策と考えます。

具体的には、重火力の榴弾。これを攻撃という概念から、進軍の遅延、プラントの守備という防御の概念へと移行させる必要があると考えられます。

またベース防衛には一人従事させておくと非常に効果的。今回のようなマップならば、ベースニートも非常に有効であると思いました。

実際に私が単騎でベース防衛従事で臨んだのですが、

「接敵回数=10前後」

と、かなりの回数のコア攻撃が来ました。進軍の速さが大きく影響しているものと考えられ、コアは常に危険と言えます。

攻撃:防衛=7:3

ぐらいの割合が必要だと感じました。ベース防衛が要るならば、

攻撃:防衛=9:1

でも充分です。むしろこの数字がベストの形かも知れません。

・全てのカギはBプラントに

ある気がします。

Cプラントは進軍に際しての最大の拠点でありますが、直接的なコア攻撃に関してはあまり触れていません。

が、Bプラントは高台に設置されており、

「コアに近しい距離、さらにリペアポット内臓」

と攻撃と防御に関して最大の権利を握っています。

ともすれば、

「コングシュートが出来る」

のならば、

「高台のリペアポットを利用し、断続的なコングシュートを狙う」

ということも大いに可能です。

EUST側に残された最後の隠し槍こそが、

「Bプラント+コングシュート」

の組み合わせなのかも知れません。

私自身もコングシュートを研究し、入れられるように努力してみたいと思います。

« トラザ山岳基地 ~月下の砲煙~ | トップページ | 広域索敵センサーをゲット »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/35734019

この記事へのトラックバック一覧です: 最終兵器は「Bプラント」かも知れない…:

« トラザ山岳基地 ~月下の砲煙~ | トップページ | 広域索敵センサーをゲット »