フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« ダリーヤ遺跡C:両軍基本戦術考察 | トップページ | ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(強襲編) »

ダリーヤ遺跡C:各軍の戦術を考察

ダリーヤ遺跡Cマップ戦術考察三日目です。

本日は、各軍の動きを考察していきたいと思います。

尚、前日記事の基本戦術考察と合わせて読んで頂けると幸いです。

・開幕が一番重要

両軍共に言える事は、

「開幕で全てが決まる」

ということです。自軍や敵軍の橋下プラントを素早く抑え、如何にどれだけ味方のラインを上げられるか。そして、橋下プラントを維持出来るか。

そのための戦術を考えていく必要があると思っています。

今回は、開幕に主眼を置いた戦術を考えていきたいと思います。全体の戦術考察は、各兵装で行いたいと考えています。

・EUST側プラント配置

EUST側の保有プラント数は、2個。

ベースよりカタパルトから飛び出した位置に1つ、そして橋下左に1つです。

どちらも侵攻ルート上に存在し、行軍の遅れはあまり感じられません。

ベース前プラントを踏んだら、橋下プラントに向かうか、橋を渡ることを選択していきます。

・GRF側プラント配置

対して、GRF側保有プラント数は、3個。

ベース前プラント、ピラミッドの中に1つ、橋下左に1つとなっています。

GRF側のプラントは、かなりデメリットな位置にプラントが配置されていましたが、今回はあまりそのデメリットを感じることが無いような位置にプラントが存在しています。そのため、人員数をあまり裂くことなく侵攻できるでしょう。

ただし、プラント数が多いということには変わりありません。EUST側よりも進軍は遅めになるかも知れませんので、気持ち展開を早めに動く必要があると思います。

・高速展開で、対岸のプラントへ(EUST側)

プラント保有数が少ない=侵攻を早めることが出来る点を利用して、高速展開で戦うことが考えられます。

GRFは、こちらに比べて1つ多いプラントを占拠しなくてはなりません。これを利用して、スピード勝負を持ちこむわけです。

軽量級などは、最前線に飛ぶことは勿論、重火力や支援なども積極的に前に出るように動いていきましょう。対岸の橋下敵プラントを占拠することができれば、流れをそのままに一気にたたみかけることが出来ます。

この戦術の際、兵装ごとのポイントはコチラ。

①強襲・・・最高速で前に。プラントはベース前のみに集中し、ラインを一気に上げ、プラントに突入します。41などで敵の侵攻を阻んだり、敵コア攻撃ルートを行くことで、プラント占拠を援護することも大切です。

②重火力・・・榴弾砲を利用したストッピングパワーで敵の侵攻を妨害。プラント占拠を援護するのが狙いです。プラントへの直接砲撃は控え、敵の侵攻ルートを塞ぐように砲撃。砲種によっては、ピンポイントにピラミッド内部のプラントを狙っても面白いと思います。

③狙撃・・・対岸へのピンポイント攻撃が期待されます。侵攻ルート上、プラント占拠を試みる敵への抑止力、重火力による榴弾砲や強襲の41のダメージを負った敵を率無く撃ち取ります。また、突出してくる敵へセントリーやマインを浴びせるのも有効でしょう。

④支援・・・突出した味方の体力を回復。また、敵の侵攻ラインを観るために、偵察機やセンサーを設置することも期待されます。特に偵察は重要。重火力の榴弾砲を正確化させたり、強襲のコア攻撃の作戦立てにも役立ちます。

・侵攻を妨げるように動く(GRF側)

例によって、プラント数を3個も保有しているGRFは、やはり侵攻が遅れ気味になります。

しかも、ピラミッド内部のプラントにはリペアポットも搭載されており、ここを占拠されると非常に厳しい戦いになります。

なので、ここを占拠する必要性は十分にあり、またしも厄介な足枷となりそうです。

ただ、この場所は裏ルートのような場所に配置されている訳ではないので、侵攻の遅さは取り返せます。

そのためには、敵軍の侵攻を少しでも遅らせるように動くことが期待されます。手榴弾や榴弾砲を敵の進路上に投げ、爆風で牽制。敵の動きを封殺するように動くことを勧めます。

勿論、対岸のプラントを高速展開で狙いに行くのも吉。そこから様々な作戦が考えられると思います。

この戦術の際、兵装ごとのポイントはコチラ。

①強襲・・・最高速で前に出ていくことは、EUSTと同じ。ただし、橋攻撃に際して人数がバラける可能性があるので、味方との足並みをそろえるために、手榴弾で敵を牽制したり、逆に突貫して敵をかき回すなど、敵の進軍を止めるような工夫が必要です。

②重火力・・・やはり榴弾砲を利用したストッピングパワー戦法が有効。EUST側と違って、足並みを揃える時間が必要なため、主要侵攻ルートの橋上に落してしまうのもいいかも知れません。味方の足並みによっては、自軍橋下プラントに落としてしまうのも手。

③狙撃・・・EUST側同様、対岸へのピンポイント攻撃が重要。特に、ピラミッドの高低差を利用することが出来るので、橋を渡ってくる敵への撃ち込みや対岸狙撃を意識すると効率よく敵を撃破出来ると思います。

④支援・・・第一目標は、偵察。敵のラインがどこまで上がってくるのかを味方に示し、ピンポイントの爆撃、狙撃を味方に提供することで、ストッピングパワーの効果を高めます。また索敵センサーを前線よりに配置し、常に敵の集団がどの位置に要るのかを示すのも重要な役割であると思います。

・次回は…

兵装ごとに動きを考察していきます。

« ダリーヤ遺跡C:両軍基本戦術考察 | トップページ | ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(強襲編) »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/36391038

この記事へのトラックバック一覧です: ダリーヤ遺跡C:各軍の戦術を考察:

« ダリーヤ遺跡C:両軍基本戦術考察 | トップページ | ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(強襲編) »