フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« ダリーヤ遺跡C:各軍の戦術を考察 | トップページ | ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(重火力編) »

ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(強襲編)

ダリーヤ遺跡Cマップ考察。

今日からは、各兵装についての細かい考察を行っていきたいと思います。

今回は強襲兵装について、主な動きと注意点を考察していきたいと思います。

・強襲兵装について

高速移動による、前線展開が今回の主な仕事。

特殊武器を限界使用して、如何に敵陣に切り込めるか。そして、如何に相手を翻弄出来るかが大きなポイント。

特に開幕敵陣への侵攻は非常に有効であり、ここでの動きが勝負をそのまま決めてしまう可能性を秘めいていることを忘れてはなりません。

その半面、敵の手榴弾や榴弾砲、手厚い防御戦線が待ち受けています。ここをどのようにして回避しかき回すことが出来るか。これも強襲の課題であるように思います。

・最前線に突っ込む

開幕ワンキルを覚悟で、敵陣の橋下プラントに駆け込みます。ここに敵を注視させることにより、敵軍の侵攻を遅くさせることが出来ます。当然、ここで生き残れば生き残るほど、味方のラインを上げるきっかけとなり、非常に効果的です。

上手くいけば、敵前線枚数と囮のこちらを排撃してくる敵とに二分させることも出来ます。その際、後続の味方の到着を持って、敵の殲滅を狙うことも出来ます。

この戦法は開幕に非常に効果的。敵ラインが上がる前に動いてしまうことで、プラント占拠、敵コア攻撃の二択を仕掛けることもできます。

・味方ラインの数によってはプラントを無視

今回最大に期待される強襲の仕事としては、

「敵の撹乱」

です。プラントへの直接占拠よりも、それを狙った間接的援護を動くことで行う…。

例えば、味方が相当数上がっている状態ならば、敢えてプラント占拠を無視してしまって、そのままコア攻撃ルートへと足を走らせます。

これだけで、敵は、プラント占拠とコア攻撃の二択を迫られることとなり、大きなプレッシャーを抱えることになります。これを利用し敵の前線に対して揺さぶりをかけるのです。

コアへの攻撃の際は、3ptを使えると更に効果的。距離もあまりかからないので、前線枚数を減らすことなくプレッシャーを与えることが出来ます。

・防御に回ったら安易に突っ込まない

今回の戦いはラインが非常に重要になります。

数の差が関係しない開幕の戦いならば話は違いますが、序盤、中盤、終盤にかけては、橋と言う場所が主戦場の関係上、慎重にならざるを得ません。

つまり、味方がロクに揃っていないのに攻撃をしても、しっぺ返しを食らうだけです。

特に防御に回ってしまった際は、これが顕著に出てきます。焦って前に出ていくよりは、一個ずつ取り返してラインを上げていった方が確実です。

・強襲アセンを考察

頭部:シュライクⅤ

胴体:シュライクⅤ

腕部:シュライクⅡ

脚部:シュライクⅤ

主武器:サーペント

副武器:41

補助武器:デュエル

特需武器:マルチウェイ

単純明快な高速機動機…。ですが、これが非常にバランスに優れていると思います。

開幕で突貫することができれば、後は、ラインを少しづつ上げていき、その後はかき回しやコア攻撃に。奇策をこなすことが出来るのが大きなポイントです。

装甲やプラントへの直接攻撃を仕掛けたいならば、ヤクシャシリーズでまとめるのも手。その際は、補助武器を魔剣に変えてしまって、斬撃強襲をするのも非常に面白い手だと思います。

・次回は…

重火力について考察していきたいと思います。

« ダリーヤ遺跡C:各軍の戦術を考察 | トップページ | ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(重火力編) »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

他兵装乗り換えを視野に入れやすいのも
ヤクシャの良い所ですね。

私は5525蠍41デ剣マルチですが・・・

>>でんちゅうさん
状況次第で戦うならヤクシャか…、と思いましたが、
「やはりシュライクの爆発力には敵わない…」
と感じました。最終日のプレーでもそれが顕著に出ましたし、進むことを考えるならば、やはりシュライクか…、と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/36411888

この記事へのトラックバック一覧です: ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(強襲編):

« ダリーヤ遺跡C:各軍の戦術を考察 | トップページ | ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(重火力編) »