フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« お休み | トップページ | リペアフィールド…、だと… »

ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(支援編)

ダリーヤもそろそろ終わり。

本考察もいよいよ大詰めです。

最後は支援兵装について考察をしたいと思います。

・支援について

ベース防衛等も大切ですが、一番重視したいのは、前線維持です。

リペアユニットによる、前線の維持。偵察による敵軍の動きの把握・榴弾の正確化。これが一番の仕事になると思われます。

橋下を攻め入る際は、回復能力があることを利点に、どんどん前に出ていきましょう。また、副武器のマインやリモコンは、橋下の敵に対して非常に効果的です。投げ込んで爆破するのも非常に有効です。

偵察機と索敵センサーで戦い方もずいぶんと変化します。これらを意識すると更にメリハリのある動きが展開できると思います。

・プラント占拠を重視

リペアユニットによる前線の枚数確保が今回の支援の主な仕事であるように思います。

この戦場では前線のライン上げが重要であるということは何度もお話した通りです。そのため、支援兵装にはこれらのラインを維持し続けるという期待があります。

また、副武器の設置は、橋下プラントへの攻撃に非常に効果的であり、使い方次第では大きな戦力として活躍出来るでしょう。

これらを考慮し、支援兵装の当面の目標は、プラント制圧になると思われます。

・偵察機と索敵センサー

この二つは非常に重要です。

このマップに置いて敵の数とラインを知るには、偵察機とセンサーは重要です。

どちらかを装備するかで知れる情報と戦い方が変わってきます。

①偵察機の場合

偵察機の場合は、敵のライン状況を一目で見れるという特性があります。これらを利用することで、味方の砲撃を正確化し確実なライン上げを行うことが出来ます。

また、敵陣侵攻のルートを割り出すのにも使え、ベース攻撃の基礎を作るにも役立ち、非常に攻撃的に動けます。

回数制限はありますが、前線で戦い続けるのを目的に戦うのであれば、あまり気になりません。自身は倒れてもいいから、リペアをし続けるという場合におススメです。

②索敵センサーの場合

索敵センサーは、主に敵の奇襲把握に役立ちます。橋下に配置しておくだけで、充分に効果がありますし、いざという時に様々な立ち回りを考えられます。

回数制限が無いのも非常に重要。範囲は絞られますが、敵陣に投げ込めれば、砲撃の正確さにつながりプラント占拠への間接的援護になります。

ベースに設置しておいて、1つしかない入口にリムペを仕掛け、爆破防衛するのも面白いと思います。

・とにかくプラントの中へ

支援兵装における有効射撃武器は、主武器のみと言っても過言ではありません。更にその主武器は、中距離援護を得意としているものではなく、ストッピングパワーが目玉の接近戦用武器です。

つまりは、中距離援護をするよりも、どんどん前に進んで入り組んだ地形に設置してあるプラントへと踏み込んだ方が非常に効率がいい戦闘が出来るのです。

副武器を使ったり、プラント上の敵を蹴散らしたりするよりもどんどんプラントへ踏み込む。これが支援兵装に求められる仕事かも知れません。

・支援アセンを考察

頭部:ヤクシャ

胴体:ヤクシャ

腕部:ヤクシャ改

脚部:ヤクシャ改

主武器:各種主武器

副武器:リムペットⅤ

補助武器:各種偵察機

特殊武器:リペアβ

敢えてのヤクシャアセン。というのも、武器切り替えが優秀だけでなく、ある程度の装甲とスピードを備えているため、橋をどんどん上がっていけるのが強み。また、強襲兵装と組み合わせて使うことも出来るため、開幕強襲→支援という形につなげられるのも非常に◎。

リペアβで届かないような味方も支援が出来るため、橋上からの援護、状況見てからのプラント占拠に踏み込むことも可能です。

勿論、従来のガチガチ装甲で突っ込んでいくのも◎。これを使う際は、プラント占拠を重点的に動けるのでこちらもおススメです。

« お休み | トップページ | リペアフィールド…、だと… »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

対岸プラントさえとってしまえばこっちのものなので、
再起、再起で仲間を集められる支援は非常に重要と思いますね。

倒れたブラストをどんどん叩き起こしてくだせぇ!

>>でんちゅうさん
滞ったコメントに返しを入れました。遅れてすみません。(^^;
このマップ、やはりラインが重要ですね。シュライクで翻弄プレイを心がけてみましたが、三人ぐらい釣れた時のプラント占拠率は高かったですね~。やはり枚数が重要と感じました。
そういう意味では人数確保が目的の支援兵装は、かなりいい感じですね。起こしてくれた時の嬉しさはひとしお…、でしたww

とりあえず体力フルに回復して死ななきゃ撃ち負けない
(ベースに攻撃が)当たらなければどうということはない

というようなことを意識している私は攻めの防衛姿勢を
取るように心がけています。

最前線プラントの維持、奪取が基本で偵察機を使った
広域索敵を愛用しています。

目立つようにリムぺを放り込んで爆破し、敵を引き受けることも
しばしばありますが、火力はアヴローラγがあればどうにかいけます

単機で複数を潰しにいけるようにするアセンなのでリペアは
自分用になってしまいますがね

コア凸ルートの最適化が出来る点で凸屋の役に立てれば
索敵支援としては嬉しい限りですね。

ワンチャンスあれば爆破で潰せる火力もあるので
最前線プラントに居るだけで(相手にとって)
有害となれるようにしたいものです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/36551915

この記事へのトラックバック一覧です: ダリーヤ遺跡C:各兵装考察(支援編):

« お休み | トップページ | リペアフィールド…、だと… »