フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« ………… | トップページ | レールガン!!!! »

目の前の利益を見ているだけでは…

ダリーヤ遺跡Dマップ…。

もはやBよりも厳しいマップのような気がします。

とにかく勝利数が激減。

上手く相手のプラントを奪えた時のみ勝利出来ていたような気がします。

今日は自身の戦いを振り返りながら反省点を挙げてみたいと思います。

・プラントへの爆風弾幕は…

結構、邪魔になりますね…。手榴弾程度ならばまだ何とかなるんですが、重火力の榴弾級となると、

「大きくノックバック。しかも連続で」

と厳しい…。この誤爆ノックバックで何回敵にやられたことやら…。

しかし、これは、

レーダーと報告を確認していないこちらが悪いわけです。

弾幕を張ってもらっているうちに、どうするかをしっかりと考える必要性があるんだと思いました。

・プラントを確保したがり

地形的な問題上、不利は承知なわけですから、無理矢理プラントを確保しに行く…、というのは自殺行為。

もちろん選択肢としては、下側ルートに入って取るというのもあるはずなんですが、どうしても中段のプラントに直接踏みたがる…。

これも問題…。

・目の前のプラントに固執し過ぎ

これが最大に駄目なプレイだと思う…。

ノックバックや中段攻めを行い過ぎるために、どうしても反対側からのルートを無視してしまう。

これが負けの一番の原因だと思いました。潜伏すれば、一時的に前衛の枚数がはがれるわけですし、上手く行けばそのままコア攻撃も可能。

ですが、目の前のプラントを見続けてしまい、どうしても前衛に揺さぶりをかけられない…。

そうしているうちに、地の利によりキル差がついたり、味方のコアが攻撃を受けたり、前線をかき回されたり…。

誤爆してしまうのも、プラントに固執するからです。迂回経路でコアを目指せば誤爆だって無くなるはずなのに…。

それで負けるパターンの方が圧倒的に多かったように思います。

・目標はコアへの攻撃

自分の本来の目標、

「コアへの攻撃」

を再確認する必要があると思いました。コア攻撃の足がかりとしてプラントを占拠するのは正解だけど、自身の攻撃対象がプラントにしか行っていない限り、

「コアに触れる事はおろか、敵の撃破もままならない」

と感じました。直接的な足がかりは、戦法の範囲内にとどめ、

「フレキシブルに。直接的な攻撃を考えるのではなく、揺さぶりによる動きある間接攻撃を仕掛ける。それもコアに届くような」

を考える必要性があると、今日の試合を振り返って思いました。

基本的な事ですが、それが出来ていない…、から負けちゃうんだと思いますしね。

もう少し、精神面から叩き直す必要があるな、と感じています。

« ………… | トップページ | レールガン!!!! »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

以前のコメントとかぶりますが、プラントの位置が露骨すぎて
各種ショートカットへの対応が疎かになりやすい感がありますね。
かといってショートカットを警戒するあまり散開しすぎたのでは逆効果。

凸るほうとしては伏せカードを沢山用意できるので楽しいのですがww

記事の内容に同意見です。
最終的にはコアへの攻撃が目標になるので、プラント侵攻は"目的"ではなく"手段"なんですよね。
私は支援なのでコア凸は基本しません。
だから私の作戦目標は…

"凸屋のルート確保とコア防衛"

が作戦目標です。
味方凸屋が敵コアを1削っても味方コアが2削られたら意味がないですからね。

>>でんちゅうさん
今回のマップは本当に恐ろしいですね…。
プラントの存在が目立ち過ぎるために、あまりにも他の事に目が行かなくなる…。
それだけに『これ』というものを決めておかないと、
「役立たずの空気に…」
なることも。そうなれば、
「突貫屋の独壇場」
は必定。
確かに突屋の伏せカードが多いだけに、揺さぶられの要素を減らしたいのですが…。
とにかく今は見直しプレイを心がけたいと思っています。

>>ブレイズさん
『コアを攻撃する』という大きな目標の為に、
「どんな手段を講じるかを明白にする」
という作業が必要なのだと、この日の勝負では思いました。
そのためには、眼前の景色にとらわれてはいけない。
自身の出来る事、出来ない事を、明白に処理し次の一手を講じなければいけない。
じゃあ、どうするのか。
その問いを今後の戦場で見つけていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/36938976

この記事へのトラックバック一覧です: 目の前の利益を見ているだけでは…:

« ………… | トップページ | レールガン!!!! »