フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

モデルチェンジ!

本日づけで、

A3に昇格!!

ゆるい査定ではありますが、まさかここまで来れるとは…。

正直言って、半年前の自分がA3に行けるとは思いませんでした。

これからも、頑張りたいと思います。

・今日はガチムチを

使うつもりでプレイ。アセンで悩んでいただけに、とりあえず、頭の切り替え…、ということで、

「使った事が殆どない、ケーファ統一」

を使ってみることにしました。重火力と支援の二大兵装で戦うというのがコンセプト。

高い反動値を利用するために、腕45型を購入。

重火力には、象さん、試作MLRS、試験型、T10。動きやすさを重視しています。

支援には、ワイスマ、マインV、ラーク、リペア。基本的な支援装備です。

・重火力が上手く回らない…

やはり、MLRSよりも、

「コングならば…」

という場面が多かったですね。基本的に接近戦での接敵がはるかに多いので、高い誘導性を利用出来るような戦い方をしていなかった…、ように思います。

象+腕45は中々ですね。立ち撃ちでも遠距離攻撃が安定して当たる…。これに射撃補正があれば…、頭も45に是非是非したいですww

・逆に支援では…

大立ち回りを敢行しました。特にプラント戦では、殆ど逆占拠。

偵察機で突貫ルート・敵状を見出し、ワイスマの強烈なねじ込みで相手を粉砕し、マインは投げれば誰かが踏み、リペアで自身と前線を維持…。

支援オンリーの試合では、殆ど勝利+スコア100越えでした。

ただ、45の腕ではやはり挙動が重い。リロードが遅いのはちょっとキツイと思いました。

・A3昇格では…

支援1本、二試合で総合ポイント250ptのみを稼ぎ出し、合格しましたwwww

もちろん、どちらの試合も勝利wwww

支援が中々、使いやすい…。

今後としては、武装のうpの前まで、支援で頑張ってみたいと思います。

悩むアセン…

現在、アセンに悩んでいます。
シュライク統一、ヤクシャ統一、セイバー統一、それとも混成…。

現在のアセンは、

頭部:シュライクⅤ
胴体:シュライクⅤ
腕部:セイバーⅠ
脚部:セイバーⅠ

です。中々、見た目が好きなアセンWW
積める物も積めるし、安定はしますが…、イマイチパッとしない感があるんですよね…。

腕をセイバーⅠ型Rにしようかどうか迷っています…。

開幕の立ち回り…

未だに、勝率が安定しない、D51地区…。

やはり、メンバーに大きく左右されるマップであるとは言えますね。

しかしながら、このマップでの立ち回りが決まらず中々…、というのもあります。

・プラント攻めか、突貫ルート阻止か

開幕の立ち回りを考えたいと思っています。

立ち上がりの連携がこのマップのカギ、であるように思います。

それには、プラント攻めで進軍していくか、突貫ルート阻止の裏側を通るか。ここから悩みが始まります。

現在はレーダーを見ながら、人数の少ない方から進軍をしていますが…、あまりにもどちらかに偏り過ぎる感があるのは私だけでしょうか…?

出来る事ならば正面ルート=6、裏側ルート=4と欲しいところですが、これが中々上手くかみ合わない…。

・前に出るけど…

後詰めの部隊が中々到着してくれない…、というのが現状ですね。

このマップ、裏ルートを含め中盤を維持することが出来ないと、

「正面と裏ルートで波状攻撃を食らってしまう」

んですよね。その結果、

「味方総崩れ→各個撃破の嵐→後ろに籠る」

という図式が早々に出来あがって負けにつながる…。

このパターンがどうしても多いですね。

これをどうするかがこのマップの課題と感じています。

・手榴弾と榴弾砲がカギ

プラント戦においては、やはり手榴弾と榴弾砲がカギだと感じます。

特に手榴弾は、移動しながら投げられるため、プラントを自然と踏めるのが大きな強み。また、飛距離を制御しやすく、用途に応じた攻撃が出来るため非常に重要です。

狙うのは、円形の外、敵陣より。相手の侵攻を阻止するように投げると効果的。手前に落としてしまうと、自身や味方の侵攻を妨害することはおろか、

「味方に誤爆→ノックバック」

と大変危険です。

同じく榴弾も、敵の侵攻を防ぐように撃ちこむと◎。

後詰めの部隊を待つ、という意味でも、41の遠投は重要だと思っています。

・山側をルート選択する

裏側ルートを選択せず、また、正面を通過せず、山側へと回るという方法もあります。

高い所、高い所を位置取ることで、プラント攻撃、敵の動き把握に努めます。

後詰めの部隊を待ちながら、相手を牽制する攻撃を展開出来れば、プラント戦も楽になります。

また、高低差を利用することで敵に対して多角的に攻めることもできます。

・今後は…

VOLTを上手く使いこなしたい…、ということでアセンや立ち回りを更に煮詰めていきたいと考えています。

個人的には、反動と射撃補正を重視、更に軽量級アセン…。

頑張って考えてみたいと思います。

VOLT系列の考察

ボーダーブレイク四日目…。

本日も出撃ッ!!!!

強襲兵装を中心に出撃しています。

本日は、VOLT系列の使い分けを主眼に出撃。

それぞれの銃のレビューを更に細分化したレビューをお届けしたいと思います。

・VOLT-01は、一対一用

高威力かつ、1マガジンの弾薬数が少ないVOLT-01は、一対一の戦いでかなりの威力を発揮します。

頭部ヒットを含めた射撃を決める事が出来れば非常に効率よく敵を撃破することが可能。

遠距離ではバラける感覚はありますが、接近戦でならその高威力を思う存分発揮できます。

1マガジン数が少なく、高いAIM力は要求されますが、短時間で敵を処理できる強みは、敵に見つからないように進む、コア攻撃を主にする強襲兵装にとっては持ってこいであると思います。

また、死角から敵を攻撃したり、ゲリラ的に敵を攻撃する場合にも高い攻撃力が有効。

運用次第では驚異的な武器に化けると言うのがこの銃の強みだと思います。

・VOLT-02は安定性

威力は、01よりも劣りますが、1マガジン数と連射精度で優れるVOLT-02は安定型と呼べるでしょう。

威力が低い…、とは言え、火力はスコーピオよりも1.2倍あり、重量も190と少なめ。軽量級にも安定して搭載することができ、簡単な火力アップを図ることが出来ます。

やはり弾はバラけますが、しゃがみ撃ちを併用することで、連射精度を活かした安定した中距離攻撃が可能。

その特性から、一対一用、分隊支援用と幅広い用途で活用することができ、非常にフレキシブルに活躍させる事が出来る仕事人。

また、高い威力と装弾数を活かし、施設破壊やターレット破壊も担うことができます。

・VOLT-02は分隊支援用

昨日も絶賛したVOLT-R。性能はFAMよりも上であり、更に威力も高いことから非常に扱いやすい武器の一つと言えます。

しかし、他のVOLT系列と比べて、威力の不足感があるので、前線で前に前に出てバリバリと戦う兵士にはちょっと物足りないかも知れません。

ですが、分隊支援用、援護用として割り切って使うならば非常に効果の高い武器です。戦闘での安定性は高いわけですから、これを利用した、「仲間と連携した戦い方」に関して非常に有効な武器だと思います。

また、腕のシステム面を改良すれば様々なスタイルになるのもFAMと同様の仕様。

この辺りに関してはまだまだ研究しなければなりませんが、研究次第では化ける武器であることは間違いありません。

・今回のCP査定

やはり、ちょっとマズイ感じはありますね。

負けてもCPが下がらないというのはちょっと問題的な気がします。

緩やかな下降傾向でいいから、CPが下がる…、というので無いと、やはり戦場の質自体が…、という気はしますね。

依然と比べて、Aランカーの質が微妙になっている感がありますし、かく言う私も、なんら苦も無く、

「A4昇格」

を果たしました。本来ならば、A5頭程の腕の私が、A4に上がれたわけですから…。

「CP=緩やかな下降傾向、また上昇も緩やかな上昇傾向」

か、

「CP=急激な下降傾向、また上昇も急激な上昇傾向」

ならいいのに…、と思いました。

VOLT-R、中々驚異的…。

強力…。VOLT-R。

本日の試合では、このVOLT-Rが大きく吠えました。

今後はこの武器が強襲兵装での私の主武器となりそうです。

本日はこのVOLT-Rについてのレビューをまとめていきたいと思います。

・実質、FAMの上位版

まず、FAMと同じ特性を持っているという点が挙げられます。

瞬間火力重視、そして三点射のフルオート版。この様な点から、FAMと同様に短時間での攻撃効率、瞬間火力を目的とした兵器であると言えます。

しかし、その能力スペックは、FAMを強化した物を持っています。

威力、装弾数、連射精度ともにFAMよりも強化してあり、瞬間火力に加えて、安定性も誇っています。

・FAMと同じように。しかし、安定して

勿論FAMのように瞬間火力を利用して一気に接近戦を挑むもよし、近距離援護射撃における分隊支援攻撃に徹するもよし。

高威力と安定性の二種類の顔を持ち合わせているので、どちらでも使い分けが効きます。

唯一、リロード時間が長い…、というのが弱点ですが、高威力の為、あまり気にするまでもなく敵を撃破することも可能。

ただし、弾はバラけるので、それを補うAIM力がFAMと同様に必要です。しかしながらFAMよりも気軽に撃てるので、神経を使うこと無く撃つことも出来ます。

・高威力のため

威力が高めのため、あまりリロードが気にならないのが大きな利点。

これは疑似的な継続火力を意味し、当て続けたり、弾を節約しながら撃つことで、高威力な攻撃を継続的に行うことができる意味にもなります。

また高いAIM力ならば、更にこの継続火力が顕著に出てきます。

細かいリロードをしっかりと行うだけで非常に取り回しの良い運用が出来るという点も、この銃ならではの特徴ではないでしょうか?

・とにかく使ってみてほしい…、けど…。

扱いやすいので、本当に使ってほしい一品…、なんですが、

新素材の合金が必要なのが非常に残念。

このために、作るのを断念される方もいらっしゃるかと思います…。

が、ぜひぜひ作ってみて、この使いやすさを体感してもらいと思っています。

新パーツ、セイバーと強襲兵装の武器を考察(ついでに能登様)

今日もボーダーブレイクで出撃。

新パーツの性能をしっかりと体感してきました。

特に今日は、新機体「セイバー」と強襲の射撃武器、「VOLT」系列の武器を使用。

さらにメタモチップが大量に溜まったので、とうとう能登様を降魔させましたwwww

それらの使用レビューをまとめていきたいと思います。

・セイバーは個々のパーツが優秀

全体的なパーツ性能は、かなりまとまっている感じがします。

特に歩行速度のかなり速さとダッシュのバランスが程良くマッチしており、機動力は良好。地味にシュライクよりも重量が高いのが美味しいです。

装甲値もシュライクより高めのE+とまとまっており、気持ち死ににくさもかなりポイントが高いです。

システム面では、ロックオン、索敵ともに平均以上で優秀。武器切り替えもかなり早く、持ち前のエリア移動を使った移動もかなりの速さで行えるというのが◎。

ボーナスは、エリア移動能力のアップ。具体的には、エリア移動が二秒、武器収納含め三秒弱程で終わるという優れ物。

戦闘開始直後の戦場に途中参戦でも、最前線に飛べるという強みもありますし、ギリギリまで前線維持→ベース防衛という芸当も可能。

また、これをつかった敵陣侵攻の撹乱戦法も取ることができ、エリア移動を駆使した様々な戦いが取れる事でしょう。

しかし、最大の真価は、そのパーツ個々における性能の高さに尽きます。

一つ一つの性能が高く、キメラブラストを作る良い材料にもなります。

シュライクを組み合わせるともしかしたらいいキメラブラストが作れる…?

ちょっと試してみたいと思います。

・強襲の新兵装は中々に

使う人によっては意見が分かれる武器…。

使いづらいと思う人はとことん気難しい武器であると思いました。

装弾数は多くありませんが、一撃の威力が高いので、短時間での攻撃効率は非常に高めです。当て続ければ非常に強力な武器であるということには間違いありません。

ただ、バラける…。正確な射撃が売りの三点射であるのに、弾がバラけるとは如何に…?という感想が大きくありました。

また、それに加えて装弾数の低さが拍車をかけます。使うならば確実必中の距離に加え、高いAIM力が必要です。

VOLT-01はとにかく高めの威力が大きなポイント。当て続ける事が出来れば短時間での撃破効率はかなりの物になります。ただし、装弾数が低めなのがたまに傷…。

VOLT-02は安定性に優れています。威力は01よりも低めですが、その代わりに装弾数が増加。一対一戦は勿論、分隊支援や施設破壊にも優れています。

VOLT-Rはヴォルペで言う、FAMの位置。しかし、威力、装弾数、連射速度、連射精度どれをとってもFAMより優れ、実質上の上位銃と呼べます。ただし、新素材である複層重合金属を使用する必要があるため、作りづらいのが難点。

使いやすさを取るならば、VOLT-02を推します。必要素材も軽く、安定性も高いため、気軽に作れるのが大きなポイント。

個人的には、VOLT-Rまで作って頂きたい…。中々、面白い武器なので個人的におススメですww

・能登も作った

メタモチップが余りまくったため、能登様を作ってみました。初見の感想は、

「これ中々いい」

と高評価です。

ベースに近づく敵に当ててみたり、プラント占拠中の敵に降らしてみたり…ww

これの研究は今後とも行っていきたいです。

・クラン登録募集開始

前々からSNSのコミュでも上がっていた、クランチームの結成を行いたいと思っています。

名前は、シンプルかつ、誰でも入りやすい物を。ということで、

「広島傭兵部隊」

と名付ける事にしました。

もし、このクランに入って頂けるという方、大募集ですww

始動、エアバースト!!!!

エアバーストが稼働開始しましたね~~~~~!!!!

…。

というか、皆さんお久しぶりですww

実はこの数日、病気でダウンしていましたwwwww

今日からブログ再開。

宜しくお願いします!!

・Ver.内容

新鋭機体、セイバーと、射撃武器の搭載が主だった実装です。

また、強襲のチャージャー、重火力のガトリングの上位も公開されています。

残念ながら、ディスカス、その他、格闘武器は実装されていません…。

強襲の刀。狙撃のナイフ…。

何故出なかったし…。

・新武器の見どころ

要チェックは、

重火力と支援

の二つの射撃武器。

重火力に搭載された「MLRS」は、対ブラスト戦が強力の一言に尽きます。

とにかく追尾能力が半端無い…。中距離以降の距離で狙われると殆ど命中してしまいます…。

避けるタイミングがまだつかめていないからなのか…、とにかく現在の装備の中ではかなり驚異です。

そして、支援に搭載された釘打ち機、「ネイル」。

「釘打ち機って微妙なコンセプトじゃね?」

と思ってなめてはいけません。威力は一発、400以上。その削りダメージは相当を誇ります。また、連射型なのでマシンガンのように扱えるのが非常に好印象。

一段階上のアッパーネイルになると、装弾数が増加し、かなり扱いやすい武器に変貌を遂げます。

・狙撃兵装の立ち位置…?

pt改定により、狙撃による偵察ptが追加されたことで、ようやく狙撃にも光が見えた???と思いました。

まだまだ使い続けてみないと分かりませんが、これは非常においしい改定点だと思います。

また、近づきがたい新施設「Mガンターレット」、これに対しての返答としても使うことができ、ますます戦略性が上がります。

更に近接兵器、高周波ブレードが実装された暁には…wwww

・戦場は

新戦場、D-51放棄く…?

名称長いし、微妙に分からないから、機関車でwwwww

この戦場は非常に面白い戦場です。

攻略、両陣営の地形バランスともに良好です。

今後はこのマップの考察を進めていきたいと思います。

更に、新型兵器、ワフトローダーに関しても合わせて考察を進めたいと考えています。

本当にラスト!

でんちゅうさん、出ると聞いて、やっぱり出撃してきましたWW

…勝率はあまり高くありませんでしたが、

「思い残すことはこれでない」

と言ったプレイ内容でしたね。最後は、シュライクに乗っての突貫プレイだったのですが、かなり楽しめました。

さあ、もうそろそろでエアバです。

新たな一喜一憂が楽しみですWW

ラスト、スカービかぁ…

やはり最初と最後…、ということでスカービ渓谷がマッチメイクされましたね。

うーむ。

これは行きたくなるではないかwwwww

さあ、どうしたものかと考えていますが、どちらかというと財布リペアになるんじゃなかなぁ…、と思ってみたり…。

などと言っておきますが、

もしマッチしたらよろしくお願いします!!!!

脚が…

ものすごく痛いです…。

一体、どこにぶつけたのやら…。

最近このブログもかなりのマンネリ化。

あと数日の心棒と思えば…。

頑張ります!!!!

次回出撃は…

本日、久々にボーダーブレイクをプレイ。

おそらく、現バージョン最後になるプレイでしょうか…。

ホームの実稼働は、21日昼よりとの事です。

私は当日の夜に出撃予定。

今から楽しみですww

・素材は…

EP還元されたらどうなるんでしょうか?

即還元出来るのでしょうか…???

出来たらいいなぁ…、と思いつつww

・買うべき物は…

高周波ブレードと、刀…。

とにかくこの二本を買います。

機体パーツは後回し…。

とにかく近接武器を購入予定ですww

・出撃予定時間は…

仕事が入っていなければ早めの四時ぐらいから。

仕事ならば七時ぐらいからでしょうか。

マッチしたら宜しくですww

・・・

…(*^m^)

何とか…

頑張ってます…。
が、体調整わず、またボーダー行けていないため微妙なテンション…。

でんちゅうさん、応援をありがとうございます。

とにかく、今はエアバ稼動まで堪えようと頑張ります。

意欲湧かず…

なんだか意欲がわきませぬ…。

ブロア市街地になったようですが、最後に是非是非出撃したいとは思います…。

ですが、意欲がわきませぬ…。

・・・・

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

実は…

ブログにログイン出来ず…(´・ω・`)

何故か管理画面が出せない罠……………(´・ω・`)

仕事終わり故、本日もお休み…………(´・ω・`)

…………

……(´・ω・`)

…………

………(´・ω・`)

エアバ稼動日時決定!

エアバーストの稼動日時が決定しました。

何と、

21日よりスタート

らしいです。

これは…、財布リペアを開始するフラグ!!

修行開始

PSP版のギルギア:アクセントコアを買いました。

これを使って、エアバまでの修行を積みたいと思います。

…格ゲーをやることで、ゲーマー資質を高めるのが目的。
洞察力、集中力、立ち回りの柔軟化に勤めたいと思います。

とりあえず、何時間かぶっ続けでトレーニングし続けますね!(`・ω・´)

トラザ、支援重視で出撃&お休み

トラザに出撃してまいりました。

…やはりバランスがいい!

マップ構成はピカイチです。

今日はゲーム作りのため、ちょっと記事をお休みします。

グロッキー

眠いです…
ダウンします

最後に戻るのは…

狙撃の主装備は、やはり、

「遠雷」

になりました。

最終的に、高バランスかつ扱い安さでこの銃に戻りましたね。

トラザでは、これを使って行きたいと思います!

戦場で大切な物

色々ありますが…。

今日は特に、

「これって大切だよね…」

と思ったことを幾つか挙げたいと思います。

実際に本当に困りましたし、それが存在した時の勝率の違いと言ったら…。

・重火力って大切

過多は大問題ですが、居ないのはもっと問題ですね。

今日は、やけに強襲兵装が多く、重火力に乗る人の方が少ない戦場に出くわしました。

そして、何故か重火力を引かない試合は負けていました…。

やはり榴弾は必要ですね。これがあるのと無いのとでは味方のラインの上がり方が違いました。

自身も重火力を担当して、キツツキさんでの遠距離援護を担当していましたが、勝った試合の方が多かったように思います。

重火力の影響力ってやっぱり大きい、と感じた瞬間でした。

・偵察って大切

重火力に乗っていた時の事ですが、やはりこれは一番に感じました。

偵察があるのと無いのとでは全く榴弾の命中率が違う…。

あまり敵が見えないのは宜しくないですね。敵の集団がどのあたりに集結しているのか分かることで、迎撃率が変わると思いました。

支援が極端に少なすぎる戦いも負けが多かったような…。

・自身の能力を考えるのって大切

このマップで強襲に乗っても殆ど活躍出来ていません…。

というよりも荷物になっている感が強い…。

それよりは自身のコンセプトに合わせた戦い方を思考する方がいいな、と思いました。

ポイントは決して高く無いけど、それが勝利として現れる。

それを実感した時の方がやはり気持ちいいものですね。

・エアバースト情報

ホームの店員さん曰く、

「10月の中旬あたりに入荷予定」

だそうです。予定は未定なので、あくまでも参考程度…、ですが、

「そう考えると、トラザがラストマップか…」

というのが強いですね。今思えば、現バージョンが始まったのも、

「トラザ」

でした。

「トラザで始まり、トラザで終わる…」

これもなんだか感慨深いものがありますね~。

戦場はトラザへ

来週から、トラザAマップですね。

しかしながら、エアバーストも頃合い的にはそろそろなので、プレイするに迷っています。

もしかしたら、トラザがラストマップ?

個人的には、レールガンの実戦撃ち、および狙撃能力向上週間にしたいと思っています。

また、パーツをとにかく集めておきたい。

メタモチップを探す旅に出たいですね~。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »