フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

« 昇格&最近思うこと | トップページ | とうとう、念願の »

改式を極める

皆さん、寒くなってきて、如何お過ごしでしょうか?

私はとりあえず、なんとか生きておりますww

・近況報告

とりあえず、重火力&支援を使っているときに思ったことですが、

「自分、勝利に貢献出来ているのかなぁ…」

とふと立ち止まりました。

思えば、勝率は斜め下がりな一方。ポイントが高くても、勝てなきゃ良いプレイとは言えない…。

勝つためのアプローチ、自身で出来ていないなぁ…、と思いました。

ということで、勝利するという原点に振り返るために、

「狙撃兵装を鍛え直す」

ことにしました。重火力や支援ではどうしても動きが鈍ってしまいますし、正面での戦いしか意識出来ないのです。

メインは、狙撃。サブに強襲&支援を置き、重要拠点防衛~突貫までの道筋を作ることを心がけようと思いました。

・工作兵の原点に戻る

工作兵として戦っていた時期まで自身のプレイスタイルを振り返ることにしました。

アセンは、

頭部:α

胴体:ヤクシャ

腕部:β

脚部:ヤクシャ改

主武器:改式

副武器:マインS

補助武器:セントリーAC

特殊武器:光学迷彩

です。スピードとリロード重視。強襲や支援を使った時でも戦えるように頭部をαに設定し、汎用性を高めています。

フルエッジではなく、ヤクシャを混ぜたキメラにしたのは、

「何よりも機動力。そして挙動面の両立」

を目指したからです。

狙撃銃は、新式、TFと使い、一時期はTFを使っていましたが、

「自身のプレイスタイルから、どうしても遠距離レンジでの攻撃が必要」

と判断し、改式を扱うことにしました。新式も良かったのですが、

「威力がちょっと物足りない…」

となりました。また、改式による銃持ち前のリロードスピードと腕のリロードスピードを利用した絶え間ない継続火力を考慮。

狙撃銃での攻撃は中距離から遠距離までのレンジ範囲で。工作は、従来の囮方法である、接近させないための工作と、上空からマインを投げ込む広範囲工作を行いました。

・高台からの攻撃を考える

見つかってもいいので、とにかく高台からの攻撃を敢行しました。

以前は、見つかることはデメリットとしか思っていませんでしたが、戦闘を積み重ねていく中で、

「自分を囮とする。自分を狙っている間は、味方のAIMが逸れるし、相手の進軍が遅れる」

という発想に転換することができるようになったのです。これも囮を生業とする工作兵ならではの戦い方と言えるのではないでしょうか?

また、リロードスピードを利用した継続火力を相手に浴びせることで、プレッシャーおよび撃破をとることができます。高台からの攻撃故、

「相手のダメージを削る→リペアポットへ→CS」

ということも可能。この恩恵は、特に採掘島で役立ちました。

・改式を極める

これをとにかく頑張りたいと思っています。今までは、

「一撃の威力or多弾攻撃」

どちらかを考えていました。ですがどちらにしても、

「一撃を取れば、弾数と集中力が。多弾攻撃を取れば、威力の低さで影響力が少ない」

という板挟みに至っていたのです。つまり、

「一極を取れば、何故か中途半端に…」

が私の狙撃だったのです。ならば、どちらのバランスも持ち合わせた、改式。これを使いこなすのが上策だと思ったのです。

また、これを使うと何故か調子がいいのです。

自身の狙撃スタイルにあった武器…。今はそう思っていますww

« 昇格&最近思うこと | トップページ | とうとう、念願の »

『戦場の記憶』(BB)」カテゴリの記事

コメント

>勝利へ貢献

重火や狙撃は兎も角…。
支援の時は何を重要と考えられてますか?
これは先日新館勢と話していた事何ですが…

「近距離戦が出来ないと上には上がれないよね。」

全くもってその通りだと自分も思った次第です。

このゲームはコア攻撃が目的…成功するには凸麻を安全に届ける…だからプラントを攻める…プラントを攻めるには…踏む…踏むと敵が来る…処理する力がいる。

つまりプラント戦をいかに勝つかが私は重要だとおもっているんですが如何でしょうか。

>>ブレイズさん
確かにプラント戦では近距離戦が肝だと思います。

というのも、プラントに対するダイレクトな戦いでは、
「第一に踏む、第二に排撃する、第三に味方の動きを考える」
の三種が大切だと私は考えています。

第一、第二はご察しの通り。踏む力、排撃力こそがプラント戦では重要です。どちらかが欠けてもプラント戦では勝機がありません。

支援には、この二つの能力を満たすだけの兵装が揃っています。これは間違いなく、ブレイズさんの言われている通りです。

そして、第三の要素。
敵は勿論ですが、ここでは特に味方がどのような動きをしているのか把握することが重要だと考えています。

残念ながら、一人ではプラント攻撃は難しいことです。大群の前には一人の兵は濁流に呑まれるのと同じ。プラントを制するのならば、やはり味方との連携は必須です。

ともすれば、連携に必要な前線維持、調整をする役割の人材が必要となります。不安要素だらけでは、味方は腰を上げてはくれない。絶対的な信頼があってこそ味方は前進する気を起こすのです。

例えば、視覚情報の共有。敵の状況が分かるだけで、味方はどのような動きをするか自身の動きを見直せます。それが確度の高いものであるのならば尚更です。
また、前線での装甲維持、素早いリバックも充分に信頼を作り出すに至ります。ここは状況にもよりますが、大抵はメリットに転じる部分が多く、重要です。


絶対的な信頼を作り出す調整役。それこそが、支援の重要性だと思っています。
そして、前線調整を行いながらプラントを攻めてこそ、支援力が発揮されるのではないかと思っています。

本日ベース防衛のみスナイパーで182Pゲットしました!おかしくね?

>>ZYPHERさん
戦闘と貢献で攻めたんですね、分かります。

にしても、180オーバーとは…、やりますね。

私もプラント奇襲を何度か慣行して、8人釣れました…WW

狙撃は、波が激しいですよね〜(`・ω・´)

いやね、最初のプラント占拠して防御工作してたらベースに敵機侵入!って警報が~!!!!で倒したらまた次が入ってきて三分立ったら俺動けねえという状況に

>>ZYPHERさん
防衛ラインが割れていたんですね………(´・ω・`)

敵ながら見事な突貫ですが、動けなくなる状況は目に見えますね〜。

蛇の新兵装バルカン買ったど~未使用!今は砂のイーグル3が好き~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030200/37821260

この記事へのトラックバック一覧です: 改式を極める:

« 昇格&最近思うこと | トップページ | とうとう、念願の »