フォト

ISKA@銀弾の射手

  • ボーダー名はISKA@銀弾の射手。 愛機、『Schwarz Richter (シュヴァルツ・リヒター)』で、各地域を狙撃兵として転戦。 狙撃技術の開発に努めています。 普段は狙撃ですが、強襲にも乗ります。前線では爆撃機として突貫しております。 マッチしたらヨロシクですww
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

GWレシピ保管庫

相互リンク様

  • サイレントさん
    絆、BBプレイヤーさんのサイレントさんのブログです。 主に絆中心で活躍されています。大将クラスとは…、凄いですww BBは重火力兵装メインで頑張られているそうです。
  • 土宮コウさん
    重火力・支援兵装を扱う、土宮コウさんのブログ。 これら二大兵装による戦術考察を主に戦場をめぐっているそうです。
  • でんちゅうさん
    支援兵装で奮闘中の北海道出身、でんちゅうさんのブログです。 普段は支援兵装で防御をこなし、隙あれば強襲兵装で揺さぶりをかけるスタイル。う~む、策士ですねww
  • DAMEPOさん
    同じ広島県の絆&ボーダープレイヤー、DAMEPOさんのブログです。強襲コア突一筋の頼もしい特攻プレイヤーさんですww
  • えびはらさん
    茨城の絆、および、BBプレイヤー、えびはらさんのブログです。 重火力兵装をメインとした戦闘を展開されてます。

カテゴリー

最近のトラックバック

戦友検索

無料ブログはココログ

『戦場の記憶』(BB)

ボーダーブレイクに関する日誌です

今年はありがとうございましたWW

ブログに足を運んで下さる皆さん、今年もありがとうございました。

…半年ぐらいゆっくり目に書いてきました。
来年はもうちょっと良いペースで、書いて行きたいです。

いろいろ書きそびれているネタもあります…。
それらを中心にしっかりと書いて行きたいです。

来年も宜しくお願いします!(`・ω・´)

ベース攻撃に転身

・近況
とりあえず、倒れましたWW
どうやら噂のノロウイルスという奴にやられたみたいです。

・BBは…
でんちゅうさんと対戦させていただいた際、鮮やかな突捌きに感化され、
「よし、自分もやってみよう!」
と奮戦し始めました。
5525のフルシュラ。
立ち回り等は追い追いお話するとして…、とにかくベースに辿り着ける様になって来ました。
昔は、直ぐにやられていた物ですが、重火力や狙撃の位置取り、支援のセンサー位置など、今までの経験が今になって生かされ、ベース接敵回数が格段に上がりました。
まさかの突屋永住…?
とか言いつつ、狙撃に戻るんだろうなあ、と思いますWW

とうとう、念願の

本日はクラン演習にて、オレンジさん、でんちゅうさんとマッチWW

ようやく待望のでんちゅうさんとのマッチ。

非常に楽しい戦闘となりました。

ありがとうございました(`・ω・´)ノシ

改式を極める

皆さん、寒くなってきて、如何お過ごしでしょうか?

私はとりあえず、なんとか生きておりますww

・近況報告

とりあえず、重火力&支援を使っているときに思ったことですが、

「自分、勝利に貢献出来ているのかなぁ…」

とふと立ち止まりました。

思えば、勝率は斜め下がりな一方。ポイントが高くても、勝てなきゃ良いプレイとは言えない…。

勝つためのアプローチ、自身で出来ていないなぁ…、と思いました。

ということで、勝利するという原点に振り返るために、

「狙撃兵装を鍛え直す」

ことにしました。重火力や支援ではどうしても動きが鈍ってしまいますし、正面での戦いしか意識出来ないのです。

メインは、狙撃。サブに強襲&支援を置き、重要拠点防衛~突貫までの道筋を作ることを心がけようと思いました。

・工作兵の原点に戻る

工作兵として戦っていた時期まで自身のプレイスタイルを振り返ることにしました。

アセンは、

頭部:α

胴体:ヤクシャ

腕部:β

脚部:ヤクシャ改

主武器:改式

副武器:マインS

補助武器:セントリーAC

特殊武器:光学迷彩

です。スピードとリロード重視。強襲や支援を使った時でも戦えるように頭部をαに設定し、汎用性を高めています。

フルエッジではなく、ヤクシャを混ぜたキメラにしたのは、

「何よりも機動力。そして挙動面の両立」

を目指したからです。

狙撃銃は、新式、TFと使い、一時期はTFを使っていましたが、

「自身のプレイスタイルから、どうしても遠距離レンジでの攻撃が必要」

と判断し、改式を扱うことにしました。新式も良かったのですが、

「威力がちょっと物足りない…」

となりました。また、改式による銃持ち前のリロードスピードと腕のリロードスピードを利用した絶え間ない継続火力を考慮。

狙撃銃での攻撃は中距離から遠距離までのレンジ範囲で。工作は、従来の囮方法である、接近させないための工作と、上空からマインを投げ込む広範囲工作を行いました。

・高台からの攻撃を考える

見つかってもいいので、とにかく高台からの攻撃を敢行しました。

以前は、見つかることはデメリットとしか思っていませんでしたが、戦闘を積み重ねていく中で、

「自分を囮とする。自分を狙っている間は、味方のAIMが逸れるし、相手の進軍が遅れる」

という発想に転換することができるようになったのです。これも囮を生業とする工作兵ならではの戦い方と言えるのではないでしょうか?

また、リロードスピードを利用した継続火力を相手に浴びせることで、プレッシャーおよび撃破をとることができます。高台からの攻撃故、

「相手のダメージを削る→リペアポットへ→CS」

ということも可能。この恩恵は、特に採掘島で役立ちました。

・改式を極める

これをとにかく頑張りたいと思っています。今までは、

「一撃の威力or多弾攻撃」

どちらかを考えていました。ですがどちらにしても、

「一撃を取れば、弾数と集中力が。多弾攻撃を取れば、威力の低さで影響力が少ない」

という板挟みに至っていたのです。つまり、

「一極を取れば、何故か中途半端に…」

が私の狙撃だったのです。ならば、どちらのバランスも持ち合わせた、改式。これを使いこなすのが上策だと思ったのです。

また、これを使うと何故か調子がいいのです。

自身の狙撃スタイルにあった武器…。今はそう思っていますww

昇格&最近思うこと

久しぶりの書き込みですね…。

今後はマッタリとスパンを長めに置いて書いて行きたいなあ〜、と考えています。

・A2
とうとう、A2まで到達…。
試験は、重火力と支援で行いました。
勿論、ケーファアセン。
昇格のメダルも相まって、試験中の勝率は100%でしたWW

・直接砲撃………
最近は重火力さんが多い戦場に良く出会います。
しかし、何故か弾幕が薄い…、しかも、プラントへの直接砲撃…(´・ω・`)
直接砲撃は、進軍率と非常に被るため、特定タイミング以外では見送りたいのですが…。案外する人が多いですね。(^-^;
とりあえず、プラントからずらして撃っていただきたい…、例えプラントに降って来ても、ずらして撃てば、誤差着弾だから、あまり痛く無いのです。
この辺りを心がけたいです。

ナイフ…

じゃ、ありませんでしたね…。

変わりに重火力のサワードスマイトが支給開始!

支給開始…!

支給開始…。

・スマイト

スピードと爆破範囲を広めた、サワードと言った趣。

とにかく弾速が早い。着弾地点までのアプローチがかなり速く、その爆破範囲も相まって、非常に命中率の高い武器となっています。

感じ的には、対軽量機体戦。まともにヒットすれば、充分に相手の体力を持っていけます。

また、その特性からトドメ刺しにも有効。弾数も多く、使いやすい武器であると言えます。

・ダイナソア

がとにかく欲しい!!

と、言うのも

「エレファントでも充分戦えるけど…、ダイナソアがあれば…」

という場面に多々遭遇…。

接近戦におけるアドバンテージを考えると、やはり、汎用攻撃よりも、それ専用の武器が欲しい…。と思います。

複合金属…。かなり欲しいです。

・マッチ幅のおかげで

様々な有名人プレイヤーさんに出会えるのがいいですね。

一番の勉強になるのが、

「単に戦闘力が高いだけじゃない」

という所。

「戦闘力≦立ち回り」

が強烈。個々の戦闘力よりも、その対応力や、進軍におけるノウハウが違う…。

「ラインを抜きんでる」という能力が彼らの活力であるように思いました。

本当に勉強になります!!

止まらない躍動、そして目標確立。

イベント戦のカオスさ加減が半端ないと思う今日この頃。

巷では、重火力の存在意義すら問われる事態になっているそうで…。

…まあ、私個人としては、

「自分が戦って活躍して、勝てればOK」

だと思うんですけどね。自分の仕事をこれっ、と決めて、完璧目指して戦えれば味方の恩の字につながるのでは…、と信じながら戦う次第です。

「分からずに呆然と試合を進める人をさげすむよりは、その時間を自身の戦闘力を磨く時間に費やせばいいじゃない」

と思います。そっちの方が得られるものも大きいですし、

「人になんやかんや言うのは…、生産性が全くない」

と思うんですよね。愚痴るより先にすることがあるはず…。そして、何より、

「努力は必ず大きく自身に帰ってくるもの」

だと私は信じています。前向きに行くことが大切なんじゃないかなぁ…、と思います。

・自身の戦闘確立を目指し、イベント重火力

とにもかくにも、ケーファアセン。やることと言えば、

「ダイナソアを回すこと」

これが主軸。反動吸収を活かしながらの戦いをとにかく心がけ、接近戦によるプラント維持、および奪取を目的として戦闘をしました。

詳細アセンとしては、

頭部:42

胴体:44

腕部:45

脚部:42

です。胴体を42から44に変更して、移動とSPのバランス重視を保ちました。

欲を言えば、頭部を45に変更したい…。

そんな思いで出撃してきました。

・プラントに直接砲撃=NO!

重火力にありがちな罠…。ではありますが、

「プラントに直接砲撃…」

というのが多かったように思いますね。

直接砲撃をしてしまうと、味方誤射は勿論、自分もプラントの中に入っていけませんし、

「何より牽制は当たらなければ意味がない」

のです。と言うことは、

「自身を含め、味方に誤射しないような場所。かつ敵を牽制できる場所に降らせる」

ということが大切なように思います。

この辺りを気をつけながら砲撃に努めました。

・しがみつく。レーダーを見る

とにかく狙われようが何をされようが、プラントにしがみつくことを心がけました。

対一ならば、ダイナソア一本。対多数ならば、ECM→XHRの連携で。

何があってもプラントを見捨てない。そして、レーダーから目を離さないことを心がけました。

味方の足並み、敵の足並み、砲撃地点、敵か味方砲撃の判断…。

情報を正確に読み、次の一手を考える。プラントにしがみつくために、一旦後退をし、味方の足並みをそろえたり、敵の足並みを崩すように榴弾を配したりしました。

・鬼門、MLRSを回避する

重装甲の鬼門である、

「MLRS」

をどのように回避するか…。これをとにかく出来る限りできるように動きました。

アラートがなる前に、敵の発射地点を見極め、充分に引きつけてから、ジャンプとブーストで回避…。もちろん遮蔽物も利用して回避運動を心がけます。

如何に最小限の動きで、回避できるか…。これを考えて動きました。

・プラントを占拠する→敵陣攻撃の足がかり+味方陣への攻撃阻止

プラントを占拠することにより、敵陣攻撃への足がかりとするだけでなく、味方陣営への潜入攻撃も阻止しようと動きました。

ここでもレーダーを充分に活用し、ラインから飛び出してくる敵をいち早く索敵。

動きを止め、こちらの動向をうかがう敵に対して、アンプッシュを使用し、突貫してきた所をダイナソアで狙い撃ちにしたりと防衛面での

「予防」

を先に先にしていきました。とにかく、このマップでは、後方に引き籠るとそれだけで終わり。

味方を引き籠らせる原因にもなる、潜入突貫を如何に予防の状態で潰すか…、これを心がけました。

・有名プレイヤーさん達とマッチ。

お昼間と言うのに、有名プレイヤーさんとマッチの連続…。

かなりの動きと素早さに脱帽でした。

特に一対一での戦いでは負けが多かったです…。

やはり、強襲による潜入突貫が一番恐ろしいことでした。

いつの間にか味方陣の中盤程を踏破していたり、プラントをひっくり返していたり…。

自身の勝率もさることながら、有名プレイヤーさんが敵マッチの時は、非常に苦しい戦いも多かったように思います。

・イベント戦とは言え…

平均pt110~120ちょっとをキープ。最大pt186。

勝率8割。殆ど1位~3位。

重火力での戦闘を主に行った結果がこれでした。

イベント戦とは言え、ダイナソアは本当に…ww

・頭部45を購入

メタモチップゲットにて、45を購入。

ロックオン、射撃補正、索敵ともにかなり良好…。

ダイナソアがまっすぐに飛ぶのを見て、かなり驚異的だと感じました。

今後は、脚部強化を視野にアセンを組んでいきたいと思っています。

・目標確立

重装甲、重火力+支援。

これを念頭に置いた自身のプレイスタイルを確立していきたいと思っています。

なんとなくコツが掴め始めましたし、何よりも

「自身のプレイスタイルに合っているのでは…」

と思いだしました。狙撃の世界からは離れるかも知れませんが、

「狙撃で得た物を活かして」

戦いを進めていきたいと考えています。

イベントではダイナソアがおススメ

本日は、新武器のメッサーを求めてプレイ!

トラザ~イベントバトルまでこなしてきましたよ~ww

・メッサーは…

すぐには作れず…。

群体10個なんてすぐに用意出来ないでござる…。

と、いうことで、トラザを一回やったらイベントへと出撃することにしました。

・トラザは…

全く人がいませんでしたwwwww

せいぜい、A2の一人とマッチしたぐらいwwwww

殆どの人がイベントをやりこんでいましたね。

・イベント戦は…

新武器を搭載されたイベントバトル。

リヒトメッサーは勿論、ACディスタンスや、ダイナソアが使用可能で、

「すぐには購入できない武器を体験可能」

でした。体験出来て、さらに素材確保も出来る…。

今回のイベントはかなり注目です。

・強襲兵装は…

リヒトメッサーは案外使いづらいです。

とにかくリーチが短い。速さや攻撃効率は一番だと思いますが、どうにも当たらない。

思った以上の踏み込みが必要なようです。

ACディスタンスは、かなり使いやすいと思います。

持続航行能力が高く、長い距離を走ることができます。敵を急激に振り切るというのは無理ですが、上手く活用すれば、長い距離を走ることを利用して相手を釣ったり、潜入移動も楽にこなせます。

・注目はダイナソア!

今回の注目は、重火力兵装のダイナソアの一言に尽きると思います。

とにかく爆発的な威力が売り。ドラム回転ラグは、相当ありますが、強力な威力はどんな相手も打ち砕きます。

HSを含めてヒットさせることができれば、装甲厚を無視するが如く、数秒もかからないうちに敵を粉砕出来ます。

重火力同士での接近戦では、

「ドラムを早く回せた方の勝ち」

というほどww

是非是非、その超威力をイベントにて体感してください。

モデルチェンジ!

本日づけで、

A3に昇格!!

ゆるい査定ではありますが、まさかここまで来れるとは…。

正直言って、半年前の自分がA3に行けるとは思いませんでした。

これからも、頑張りたいと思います。

・今日はガチムチを

使うつもりでプレイ。アセンで悩んでいただけに、とりあえず、頭の切り替え…、ということで、

「使った事が殆どない、ケーファ統一」

を使ってみることにしました。重火力と支援の二大兵装で戦うというのがコンセプト。

高い反動値を利用するために、腕45型を購入。

重火力には、象さん、試作MLRS、試験型、T10。動きやすさを重視しています。

支援には、ワイスマ、マインV、ラーク、リペア。基本的な支援装備です。

・重火力が上手く回らない…

やはり、MLRSよりも、

「コングならば…」

という場面が多かったですね。基本的に接近戦での接敵がはるかに多いので、高い誘導性を利用出来るような戦い方をしていなかった…、ように思います。

象+腕45は中々ですね。立ち撃ちでも遠距離攻撃が安定して当たる…。これに射撃補正があれば…、頭も45に是非是非したいですww

・逆に支援では…

大立ち回りを敢行しました。特にプラント戦では、殆ど逆占拠。

偵察機で突貫ルート・敵状を見出し、ワイスマの強烈なねじ込みで相手を粉砕し、マインは投げれば誰かが踏み、リペアで自身と前線を維持…。

支援オンリーの試合では、殆ど勝利+スコア100越えでした。

ただ、45の腕ではやはり挙動が重い。リロードが遅いのはちょっとキツイと思いました。

・A3昇格では…

支援1本、二試合で総合ポイント250ptのみを稼ぎ出し、合格しましたwwww

もちろん、どちらの試合も勝利wwww

支援が中々、使いやすい…。

今後としては、武装のうpの前まで、支援で頑張ってみたいと思います。

悩むアセン…

現在、アセンに悩んでいます。
シュライク統一、ヤクシャ統一、セイバー統一、それとも混成…。

現在のアセンは、

頭部:シュライクⅤ
胴体:シュライクⅤ
腕部:セイバーⅠ
脚部:セイバーⅠ

です。中々、見た目が好きなアセンWW
積める物も積めるし、安定はしますが…、イマイチパッとしない感があるんですよね…。

腕をセイバーⅠ型Rにしようかどうか迷っています…。

より以前の記事一覧